2014年08月06日

麺喰亭@京都府八幡市下奈良蜻蛉尻

おすすめ度:★★★ (評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

八幡市、国道1号線沿いの京都方面へ向う側(北上レーン)にあるラーメン店「麺喰亭」さんです。以前、麺屋かがりさんが営業されていた立地です。

店舗は「元祖京都ラーメン」と書かれた白い勘案が目印で、そこそこ目立ちます。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、造りは、かがりさんの頃から大きくは変わっておらず、カウンター席とテーブル席が並びます。接客はとても元気で気持ちの良いものでした。

メニューは、京醤油ラーメンをメインに麺喰担担、麺喰亭的カレー、味噌ラーメンのほか、こだわりがありそうな、京塩ラーメン、濃厚胡麻担々麺、麺喰レッド(辛味の油そば)、元気麺(ニンニク風味のスタミナラーメン)などがあります。単品やセットメニューも豊富に存在しました。

この日は、京醤油ラーメンのチャーシューメン850円を注文。注文時に麺の硬さを聞かれますので普通にし、あと、変わっているなと思ったのが、基本は水菜のようですが、ネギにも変えられるようです。とりあえず水菜でお願いしました。

登場したラーメンは、透明感の強い醤油スープに、水菜がたっぷりとトッピングされています。そして鉢一杯のチャーシューと、メンマです。

スープをいただくと、見た目から第一旭系かなと思っていたのですが、少し異なる感じで、豚骨ベースですが、醤油のコクを前面に出したような味で、すっきり感が強いです。また醤油も、ほんのりと甘みを感じるもので、あっさりの中にも醤油・豚骨のコクを楽しめるラーメンという印象です。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。こちらは京都でよくあるタイプの面で、親しみやすい感じです。茹で具合もちょうどよいかな。

水菜は、ネギのように臭みがないので、このあっさりとしたスープの邪魔をせず、相性が良く思いました。またチャーシューが、脂身と赤身のバランスがよく、分量もたっぷり。味自体も、なかなかの高レベルに思いました。

京都ラーメンを自称されているこちらのお店ですが、昔ながらの味ですが、京都のスタンダードとは少し異なるような醤油ラーメンを楽しむことができます。あっさりとした味わいですので、誰にでも受け入れやすく、個人的には予想以上に美味しく、また食べてみたいなと思うラーメンでした。

↓京醤油ラーメン(チャーシューメン)
140806-1.JPG

↓チャーシュー
140806-2.JPG

↓麺とスープ
140806-3.JPG

↓お店の外観です。
140806-4.JPG
posted by たぬき at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都