2014年08月07日

Tiem an HUONG VIET@京都市中京区押小路通東洞院西入ル西押小路通町

烏丸御池近くにあるベトナム料理店の「Tiem an HUONG VIET」さんです。この日は平日のランチタイム。付近に居ましたので、飛び込みで入りました。お店の外観は、それほど目立つ感じではありません。駐車場は街中のため、存在しません。

店内は、落ち着いた雰囲気で、テーブル席、カウンター席、そして奥のほうに座敷などが存在します。お店の接客は、男女の方でされてましたが、とても落ち着いた雰囲気でしたね。

メニューは、ランチタイムは、フォーと日替わり生春巻き・ベトナム珈琲・デザートを組み合わせたセットメニューが中心で、ほかにハノイ風焼肉つけ麺などもありました。

この日は、フォーボー(牛肉のフォー)のセット(日替わり生春巻き、ベトナム珈琲、デザート付)1000円を注文。

すぐに生春巻きが提供されます。こちらは、サラダ風に仕上げられた具に、揚げ物が乗っており、薄い生春巻きを自ら巻いて食べるタイプ。少しピリ辛なのと、独特の旨みがあり、なかなかのもの。意外とあっさり感もあるので、夏場にも良いですね。

続いてフォーの登場。やや濁ったようなスープに、わずかに胡椒が浮いていて、牛肉、香菜、もやし、揚げタマネギなどがトッピングされています。途中、味がかえられるようにレモンも付いています。

あっさりとしたスープは、香り良く、ほんのりとした甘みがあります。そしてフォーは、かなり柔らかく、どちらかというとコシはなく、溶けるような感じ。優しいスープと合っています。レモンを加えると、爽やかで飲みやすく変化するし、こちらも夏場に良い感じです。

牛肉は、しっかりとした食感のもので、味付けもスープに合わせた、味を邪魔しない感じに仕上がっていました。

最後にベトナム珈琲、デザートが。デザートは、ヨーグルトソースに、キウイや餅のようなものが入っていて、甘さも控えめで食べやすいものです。ベトナム珈琲は意外と苦みが強めでした。

通りがかりに立ち寄ってみた、こちらのお店。ボリューム感はないものの、落ち着いた雰囲気があり、ゆっくりできそうな空間でした。女性客に受けそうなお店だと思います。

↓フォーボー(牛肉のフォー)
140807-1.JPG

↓生春巻き
140807-2.JPG

↓ベトナム珈琲、デザート
140807-3.JPG

↓お店の外観です。
140807-4.JPG
posted by たぬき at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ