2014年09月29日

麦酒庵@東京都豊島区北大塚

山手線大塚駅の駅前にある「麦酒庵」さんです。この日は仕事後、検索すると得点の高いクラフトビールのお店が見当たったので、一人でふらっと入ることに。

お店は、モスバーガーの二階にあります。駐車場は存在しないと思います。

店内は、こじんまりとしたスペース。カウンター席とテーブル席が4つくらいだったと思います。入るとすぐに予約してますか?と聞かれましたので、人気店なんだと思います。予約はしてませんでしたが1人でしたので、すぐにカウンター席に座ることが出来ました。

メニューは牡蠣料理が中心。他にも魚介類を中心に、ひとひねり効いたメニューが揃っています。クラフトビールは、常に10種くらいを用意されているようですが、この日はトラブルがあったようで8種くらい出されていました。店員さんも話しやすい雰囲気で、居心地はとてもよかったです。

この日は、まず、本日の牡蠣が10種類くらいの産地があって・・ 店員さんと話していると、おひとりさんだと小ぶりな牡蠣の方が味の食べ比べに向いていると言ってくださったので・・ 1つ900円の牡蠣3つ 石川県能登、岩手県広田、三重県的矢のを生でお願いしました。それとオイスターフライとチップス小(牡蠣3個入り。650円)、きびなご干し400円を注文。

ビールは、いわて蔵ビールのオイスタードライスタウトの小230mlから、Yマーケットのパープルスカイペールエール大490ml、南信州ビールのアップルホップ大、志賀高原ビールの美山ブロンド大と注文。クラフトビールは好みで、いろいろ飲んでるのですが、Yマーケットのは飲んだことなくて楽しみ。

まずオイスタードライスタウト。こちらは、コクがあるものの、意外とすっきいとした味わいのスタウト。重みが強すぎず、どちらかというと料理の最後に飲むタイプかもしれませんけどね。

パープルスカイペールエールは、かなり芳香な旨みや香りの豊かさがあって、個人的にはヒット。おいしいビールですね。

そうこうするうちに生牡蠣の食べ比べが訪れます。小サイズの方ですが、大きい!これなら一人では3つで大満足ですよ。味は、たしかに産地によって、かなり異なりますね。とにかく苦味が強いのは、能登のものでしょうか。塩分も強めで酒に合う感じがします。みずみずしくミルキー度合が高いのが三重の的矢。そこそこの苦味もあります。岩手の広田のものは、逆に甘みもたっぷりなミルキー具合。一般的に受けるのは岩手かなとも思いました。

そしてきびなご、南信州のアップルホップの登場。きびなごは、柔らか味もある旨みあるお魚で酒にはあいますよね。まだ薩摩に行ったことないのですが、いつか現地でいただいてみたいと思います。アップルホップは、ビールが苦手な方にでも飲みやすいフルーティーなお酒に仕上がっています。

オイスターフライとチップスは、そのまんまですが、チップスではなく厚切りのポテトフライ。ポテトも男爵にこだわっているそうです。オイスターフライもかなり大きい身で、これだけでも大満足かも。

最後に、志賀高原ビールをいただきました。こちらは、日本酒を使用されているのかな?でもあっさりとした飲み口。この日は暑かったので飲みやすかった一杯だったと思います。

価格は、そこそこかかりますが、雰囲気的にも入りやすく、いろいろなビールを楽しめ、牡蠣料理もおいしい。なかなか使い勝手の良いお店の一つだと思いました。また出張時に機会があれば訪れてみたいです。

↓石川県能登、岩手県広田、三重県的矢の生牡蠣
140929-1.JPG

↓オイスターフライとチップス小
140929-2.JPG

↓きびなご干し、アップルホップ(南信州ビール)
140929-3.JPG

↓オイスタードライスタウト(いわて蔵ビール)
140929-5.JPG

↓パープルスカイペールエール(Yマーケット)
140929-6.JPG

↓美山ブロンド(志賀高原ビール)
140929-7.JPG
posted by たぬき at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ