2014年10月05日

大宝@京都市下京区烏丸通五条下ル大坂町

おすすめ度:★★★ (評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

五条駅近くにある大宝さんです。大王老麺の跡地でやっておられ、大王・宝屋の系譜を継いでおられるようですので、期待しての入店です。大王時代は何度となく入ったことのある店舗でもあります。

お店は、烏丸通り沿いにあり、黄色と赤の外観が目立ちます。大王時代はもっと黄色い色合いだったと思いますが、ほぼデザインも変わってないと思います。駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席のみでこじんまりとした造りです。店員さんを見ると、大王時代の小太りの眼鏡の店長さんがおられませんね。。もう違う方になっているのかな?ただ接客は、とても心地よいものでした。

メニューは、背脂醤油のラーメン、塩ラーメン、大宝麺(旨辛)、チャーシューメンなど。大王時代に存在した特製チャーシューメン(トロ肉)とかはやっておられないようです。そのほかに、ギョーザ、からあげ、ごはんなどの単品が存在します。

この日は、チャーシューメンと瓶ビールをお願いしました。チャーシューメンは、生ニンニクの有無を選べますので有で。大王時代も入れてもらうことができたと記憶しています。

登場したチャーシューメンは、想像と異なり、鉢一杯のチャーシューです。大王時代は上品なチャーシューメンでしたが、かなりの迫力。そして登場と同時に分かるくらいのニンニク臭。やや濁ったスープに背脂と、わずかな一味が浮き、メンマ、ネギがトッピングされています。

スープは、豚骨ベースの背脂醤油味です。宝屋さんの系列は、まろやかな味が多い中、ここは醤油のキリっとした味が効いていて、ストレートな旨みがあるように思います。後味も引き締まっていて個人的には好みの味わいです。また、けっこう強めにニンニクが効いています。

麺は、中細の低加水ストレート麺を使用されています。食感も良い感じで美味しいなと素直に思える麺です。

チャーシューは、薄切りですが、食べると柔らか味があり、脂身もそこそこでトロける感覚。量もたっぷりで満足できるボリューム感です。

久しぶりに、このお店に入りましたが、大王時代と比べると、よりストレートな味わいに変化したように思います。完成度は高い背脂醤油系で、たまに食べたくなる味わいだと思います。

↓チャーシューメン
141005-1.JPG

↓チャーシュー
141005-2.JPG

↓麺とスープ
141005-3.JPG

↓お店の外観です。
141005-5.JPG
posted by たぬき at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都