2014年10月12日

金久右衛門・京都城陽店@京都府城陽市富野南清水

すすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪の人気店の金久右衛門さんの京都・城陽市のお店です。一度、味を楽しんでみたいなと思っていたので訪れてみました。

お店は、城陽のココロ焦ガレというホルモン・焼肉屋さんと共通の店舗で、お昼はラーメン屋さんとして営業されているようです。駐車場もあるようでした。

こじんまりとした店舗で、店内に入るとカウンター席とテーブル席、座敷などが並びます。男性店員さん2人で切り盛りされていました。

ラーメンメニューは、大阪ブラック、金醤油ラーメン、城陽ブラウン(しょうゆ豚骨)の3つがメインで、1日20食限定のしじみゴールドもあります。他に、海老香る金のつけ麺というメニューもありました。

定食メニューも餃子と組み合わせたものがあったりするのですが、ココロ焦ガレさんとの共同店舗のためか、ハラミ焼きとの組み合わせの焼肉屋さんらしいメニューも存在します。

この日はとりあえず、大阪ブラック720円の極ホルモン300円トッピング、生搾りにんにく追加(無料)でお願いしました。麺は、細麺・太麺で選べましたので、細麺にしました。

驚いたのがカウンター席に座っていたのですが、店員さんが、隣のカウンター席で普通にホルモンを焼き始めたこと。調理スペースには、焼く場所がないのかな・・その後も、ほかのお客さんのハラミを焼いていたり、なんか落ち着きません(笑)

しばらくすると登場したラーメンは、黒い色合いのスープ。表面が脂の層が薄く覆っているのが特徴的です。トッピングのホルモン、大きめのチャーシューが1枚。太目のメンマ、ネギがトッピングされています。にんにくは別皿で提供されます。

スープは、かなり濃厚そうに見える醤油のスープですが、少し酸味は強く感じるものの、思ったより、濃すぎず、それでいて深みのある味わいです。後味もすっきりとしていますし、飲みやすい印象。イカのワタ、海老を使っておられるとのことですが、その風味は控えめに思いました。

麺は、しっかりとしたコシのある食感で、ぷちぷちと食べやすい印象。

チャーシューは、厚切りで、脂身も含まれたものを使用されています。やわらかく口に含むとトロける食感。それと、ホルモンは、かなり脂分が多くて、柔らかくて美味。醤油スープとも合いますね。

それと、途中から投入した、にんにく、これが、ここのコクのある醤油スープと相性抜群のような。ホルモンもニンニク醤油風味で美味しくいただけますし、にんにく投入後のほうが、さらに癖になるような味で楽しめましたね。

一度味わってみたかった金久右衛門さんのラーメンですが、なかなかレベル高い醤油スープのように思いました。夜もラーメン店をされていれば、もっと楽しめそうなのですが・・ 他の味もいつか試してみたいと思います。

↓大阪ブラック・極ホルモントッピング
141012-1.JPG

↓ホルモンとチャーシュー
141012-2.JPG

↓麺とスープ
141012-3.JPG

↓お店の外観です。
141012-4.JPG
posted by たぬき at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都