2014年10月17日

ガンジス川@京都府八幡市八幡水珀

国道一号線の、八幡市内。大阪から京都へ向かうレーンを三田屋のある交差点で左折すると、すぐのところにあるインド料理店「ガンジス川」さんです。

民家を改築したような店舗で営業されてますが、看板が目立つので、すぐに分かると思います。お店の右斜め前あたりに駐車場があります。

店内は、小さなカウンター席とテーブル席が並び20人くらい入れるかなという、こじんまりとした空間です。店員さんはすべてインド系の方ですが、日本語も堪能ですし、接客も丁寧で好感が持てるものでした。

この日は、ランチタイムに訪れましたので、ランチメニューを見ると、700円〜1450円のランチメニューがありました。基本は、カレー1種(選択制)+プレーンナンorライス+サラダ+スープ+ドリンクとなっています。カレーの種類や、ライスとナン両方を選べたり、単品メニュー(タンドリーチキンなど)が含まれると値段が上がるようになっていました。また+200円で、プレーンナンはチーズナンに変更可能。またプレーンナンのおかわりは無料とのことです。

この日は、Bランチ850円をチーズナン+200円でいただきました。後ほどプレーンナンを追加すれば楽しめるかなと。Bランチは、カレーをシーフード、羊、ほうれん草から選べたので、ほうれん草カレーにしました。辛さも選択できたので普通。ドリンクは、バナナラッシーにしました。

まず、サラダとスープから提供されます。サラダは普通のグリーンサラダです。スープは、豆かなにかのスープなのかな?独特な味なのですが、どことなくインスタントの豚骨スープに似ているような。そんな味にも思えました。

続いてチーズナンとほうれん草のカレーの登場。チーズナンは4切れですが、写真では分からないと思いますが、とにかくボリューム系!厚みもあるし大きさもでかい。出てきた瞬間にプレーンナンのおかわりをあきらめました。

チーズナンは、中にふんだんにチーズが入れてあって、切れ目からとろけるようにチーズが流れ落ちてきます。熱々で、最初は触るのも熱いくらいでした。その味わいは、独特な甘みが強いこと。これはチーズではなくてナンの生地自体が甘めの味付けにされています。チーズもたっぷり入っているので満足はできるのですが、個性的な味で、人を選ぶかもと思いました。

ほうれん草のカレーは、とてもマイルドな味わい。辛すぎず、こちらも甘みがあるようなクリーミーなもので、ほんのりとほうれん草の風味を感じます。鶏肉もわずかに入っていて、量も多めなのも良かったと思います。

最後に登場したバナナラッシー?バナナの風味を感じず、色合いも白かったので、普通のラッシーだったのかな・・?店員さんに聞いてみると、バナナと答えられましたが。私の味音痴なだけなのかも。ヨーグルト風味で甘みがあって飲みやすいものでした。

こちらのお店は、とにかくナンのボリュームがすごく、価格も安いので、がっつり食べたい方には良いと思います。ナンの独特の甘みが特徴でしたが、それもはまるようであれば、かなり良いお店になると思われます。

↓ほうれん草のカレー、チーズナン
141017-1.JPG

↓サラダ&スープ
141017-2.JPG

↓バナナラッシー
141017-3.JPG

↓お店の外観です。
141017-4.JPG

↓メニュー
141017-5.JPG
posted by たぬき at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ