2014年10月29日

新福菜館・今治店@愛媛県今治市常盤町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

愛媛出張時に、時間があれば訪れたいな・・と思っていた、新福菜館の今治店です。

お店は、JR今治の駅から南西方面へ10分ほど歩くとあります。予想していた外観とは異なる、ビルの1階?での営業。赤いテント看板が目印です。駐車場も場所は確認してませんが、店内の表示を見ていると存在しているようでした。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。それほど大きなスペースではないですが20人以上は入れそうです。男性店員さんが調理され、女性店員さんが一人で接客をこなされていましたが、庶民的なのですが手際が良く好印象でした。

メニューは、並らーめん600円、特製らーめん700円、チャーシュー麺850円などを中心にトッピングやサイズによって値段が変わるようになっています。京都のお店と比べると、各ラーメンの呼び方が少し異なっています。また、つけ麺も存在します。

名物の焼き飯は550円。ミニ焼き飯はラーメンに+250円でセットメニューとして付けられるようになっています。他に焼き餃子、おつまみチャーシュー、ライスがある他、面白かったのが今治のB級グルメの「焼豚玉子飯」があることです。

この日は、チャーシュー麺850円+焼豚玉子飯600円を注文。

多すぎるかな・・と気にしていましたが・・まず、登場した焼豚玉子飯がハーフチャーハンくらいのサイズで安心。玉子飯には、好みに応じてと、醤油ダレが手渡されます。続いてチャーシュー麺が提供されます。

チャーシュー麺は、似ているものの、京都の新福さんのネギたっぷりタイプとは、少し異なります。表面にチャーシューを目立つように載せてあります。醤油は、新福さんらしく黒い色合いでやや濁り気味。ネギ、もやしがトッピングされています。

スープをいただくと、お!っと唸るような、醤油のコク、豚のコクが効いていて、後味あっさり。これぞ!新福!と思える味で、京都の店舗にも負けていません。忠実に再現されているなと思いました。

麺は、中細ストレート麺を使用されていますが、こちらは近藤製麺とは異なるのかな?若干、硬いような食感にも思えましたが、おおよそ似た印象の麺です。悪くはないと思います。

チャーシューは、赤身肉が多めで、京都のお店よりは大振りなものが使われています。ただ、京都のお店は、スープ表面に見えなくても、中から嫌というほどゴロゴロと・・ こちらのお店は、そこまでの分量は感じなかったかな?

焼豚玉子飯は、新福の黒いチャーハンの上に玉子などが乗っているのかな・・と思っていたら、白米の上に、チャーシュー、玉子焼きが乗せられ、そこにタレがかけられたシンプルなものです。焼豚は、ラーメンと同じものだと思います。豚肉と目玉焼きを混ぜ合わせると、そこそこまろやかでご飯と合います。そこに醤油ダレを追加でかけると、さらに新福さんのチャーハンに似たような味わいも楽しめる、ちょっぴり面白い焼豚玉子飯なのでした。

京都から離れた新福さんでしたが、スープの味なども忠実で、なかなかの一杯だったと思います。京都の方にもご当地名物の焼豚玉子飯も楽しめるお店として、重宝できるお店だと思います。

↓チャーシュー麺
141029-1.JPG

↓チャーシュー
141029-2.JPG

↓麺とスープ
141029-3.JPG

↓焼豚玉子飯
141029-4.JPG

↓お店の外観です。
141029-5.JPG
posted by たぬき at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他