2014年10月30日

よし田@京都市伏見区西大手町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄・桃山御陵前、京阪・伏見桃山の駅近くにあるラーメン屋「よし田」さんです。お店は、以前、宝屋さんのあったところで営業されています。駐車場は存在しません。

店内は、宝屋さんの頃と大きく変わっていないのかな?お店入ってすぐのところにカウンター席があり、奥にテーブル席が並びます。店員さんの接客も丁寧でした。

メニューは、らーめんが京赤地鶏らーめん。つけ麺は、鶏魚介つけ麺、辛味噌つけ麺、海老濃厚つけ麺(限定昼20、夜20食)、豚バラつけ麺があるほか、素材麺(麺を特製醤油で味わうもの・らーめんではないと書いてあったので、生醤油をかける麺料理みたいなものかな)という変わったものも存在しました。

他に、単品やセットメニューも存在しました。

この日は、京赤スープの豚バラらーめん900円を注文。いわゆるチャーシューメンですね。

登場したラーメン、泡立ったいかにも粘度の高そうなスープ。ネギとメンマ、チャーシューがトッピングされ、チャーシューには、あらかじめ胡椒がかけられています。

スープをいただくと、粘土そこそこの、少しトロっとしたようなこってり系鶏スープ。鶏の旨みもしっかりと出ていますし、かと言って、塩味が強すぎず、良い塩梅です。

麺は、細めの加水率高めのものを使用されています。少し強めの食感で、しっかりとした噛みごたえなのが特徴的です。

チャーシューは、厚切りのバラ肉を使われています。脂身がたっぷりで、口の中でとろけるような食感。味付けは強くなく、あくまでスープが主体という感じのチャーシューですが、たっぷり量で存在感がありました。

なかなか旨みの溢れる鶏スープで、麺も硬い目ですが意外とよかったように思います。鶏スープが好きな方には、選択肢の一つとなるお店だと思います。

↓京赤スープの豚バラらーめん
141030-1.JPG

↓チャーシュー
141030-2.JPG

↓麺とスープ
141030-3.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都