2015年01月14日

ラー麺ずんどう屋・京都八幡店@京都府八幡市八幡水珀

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

姫路発の豚骨ラーメン店「ずんどう屋」さんの八幡のお店です。姫路に住んでいたこともあって、ずんどう屋さんは多店舗展開を始められたころ、姫路の本店で食べたことがあるのですが、それ以来です。

お店は、1号線の大阪→京都方面のレーン側にあります。郊外型のラーメンレストランという大きめの店舗で、駐車場も完備されています。この日は日曜日の昼食時でしたが、いつも並んでおられるのに並びはなく・・ラッキーと思って入ると、店内の待ち席に数人座っておられました。それでも待ち時間は5分くらいだったと思います。ただ食べ終わる頃には、店外にも待ち客がおられましたので、オープンから随分経った今でも、そこそこ集客がすごいんだなと思います。

店内はカウンター席、テーブル席が多く、とてもきれいな内装です。接客は、元気があり、よく教育されてることが伝わるものでした。

ラーメンメニューは、豚骨スープの元味らーめん700円にトッピングを加えることにより値段が変わるようになっています。別につけ麺があるほか、豚骨が苦手な方のために、和風らーめんも存在します。単品メニューもいくつか存在しました。

この日は、豚骨のチャーシューメン980円を注文。背脂の量を聞かれましたので普通にしていただき、麺は、細麺、縮れ麺から選択できましたので、細麺にしました。

かなり大きめの器のラーメンが登場します。美濃焼の特注品というラーメン鉢、大きいのは良いのですが、中身が平坦というか小さく見えて・・ 最初の印象は、なんだか貧相だな・・と。泡立った濃厚そうなスープ、トッピングは、ノリ、ネギ、チャーシューとシンプルなものです。

スープをいただくと、豚骨のコクがしっかりと出ていて、あれ?普通に高レベルな豚骨だなと。スープの中に背脂が一緒に煮込まれているのですが、以前、本店で食べたときは、この脂分がくどいくらいに思っていたのですが、ずいぶん味を改良されたのでしょうね。豚骨のコク、塩加減も素晴らしく、久しぶりにヒット!と思える豚骨スープでした。

麺は、細麺ストレートで、コシはそこそこ。スープが濃厚なだけに替え玉したくなるような味なのですが、メニューには書いてなかったような。可能なのかな・・?

チャーシューは、脂身が多く柔らか味のあるもの。やや小さいのが残念だと思いますが、醤油ダレで味付けされていて、シンプルな美味しさを楽しむことができます。

個人的には、昔、本店で食べたときのクドイなぁ・・という印象が残っていたので、ずいぶん美味しく、何度でも入りたい豚骨ラーメン店だなと。この付近には、イタダキさんもありますし、豚骨が食べたくなりたかったら、このエリアは選択肢になりそうです。

↓チャーシューメン
150114-1.JPG

↓チャーシュー
150114-2.JPG

↓麺とスープ
150114-3.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都