2015年01月19日

京都ラーメン東大@京都市伏見区中島鳥羽離宮町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都南インターを降りて南下すると、すぐのところにあるラーメン店「東大」さんです。以前、鶏料理とラーメンのお店「鶏京」さんでしたが、営業形態が変わって「東大」になりました。「東大」と言えば徳島ラーメンのお店なのですが、旗は京都ラーメン「東大」と書かれていて、不思議な感じがします。

お店は、白地に東大と書かれた看板が目立ちます。

店内は、広々としていて、ファミレス的なゆったり感があります。鶏京さんの頃から変わらないと思います。

店員さんの接客は鶏京さんの時代は良かったのですが、今回は愛想なし。何か変わったのかな・・そのためか夕食時なのに客入りもわずかで驚きました。

メニューは、鶏京さん時代は、鶏料理+ラーメンという感じでしたが、現在は、東大さんの徳島ラーメンメニュー、徳島つけ麺に、鶏京さん時代の京都鶏白湯ラーメンがあるという変わった構成です。他に餃子、チャーハン、唐揚げなどの単品が存在します。

この日は、以前、東大さんに入った時に徳島ラーメン肉増しが美味しかったなと、それを注文。ラーメンサイズが小さかったことを思い出し、大サイズにしようかと思いましたができないようで。そのまま注文。

登場したラーメンは、やはり小さめの器。濃厚そうな豚骨醤油スープに、メンマ、ネギ、太目のもやし、豚ばら肉がトッピングされています。こちらのお店は、生玉子が無料なので自分で割って入れます。

スープは、鶏京さんのイメージもあって期待してなかったのですが、うーん!!豚骨のコクがしっかり出ていて旨い。さすが東大さんというコクがある豚骨醤油。少し甘辛いような醤油味も良いものです。そこに生玉子を絡めると、徳島らしい、すき焼き風と言われるスープが仕上がります。

麺は、低加水のストレート麺を使用されています。一本一本が短めで、サクッとした心地よい食感。短めなのは、やはりご飯と合わせるためなのかな。食感を含めて、好みの麺ですね。

甘辛く煮こまれた豚バラ肉も見た目以上にスープの中からゴロゴロと出てきます。そこそこ厚切りのお肉で、こちらも好印象です。

鶏京さんは、癖もあり、あと一歩かなという印象が残ってましたが、東大さんのラーメンは、さすがの一言。こちらのお店は2つの店舗の味が楽しめるお店として、重宝しそうです。

↓徳島ラーメン肉増し
150119-1.JPG

↓チャーシュー
150119-2.JPG

↓麺とスープ
150119-3.JPG

↓お店の外観です。
150119-4.JPG
posted by たぬき at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都