2015年03月07日

月京@京都市中京区河原町三条東入ル中島町

三条木屋町にある魚介、鯨料理のお店「月京」さんです。鯨を食べれるところを検索して、訪問してみました。

お店は三条木屋町ビルの4Fにあります。店内は、とても落ち着いた雰囲気で、カウンター席と窓側のテーブル席の構成となっています。窓側の席は木屋町通が見渡せます。お店は男性店員さんで切り盛りされていて、親しみやすい接客だっと思います。

メニューは、魚介や鯨料理が並び、鯨は長崎から、魚介は新鮮なものを各地から取り寄せられているようです。この日は、鯨を楽しむコース、飲み放題付で7000円くらいだったと思いますが、そちらを予約しました。食べたメニューは以下の通りです。

○先付(金目鯛と九条ネギの白みそ和え)
柔らか味のある金目鯛と臭みの無いネギの食感がよく合います。
150307-1.JPG

○カレイと菜の花のおひたし、鴨肉饅頭
鴨肉饅頭は、噛むたびに鴨の旨みが口に広がります。それとカレイが柔らかく、口の中で溶けるよう。予想以上にヒットの一品でした。
150307-2.JPG

○鯨肉お造り4種盛り合わせ
写真、右からベーコン、尾の身、鹿の子、おばいけ。ベーコンは味が付いているので、そのままでいただけますがぽん酢に付けるとより美味しく思いました。おばいけは味自体はそれほどないのですが、プチプチ食感が面白い。酢味噌と和えていただきます。尾の身は、しっかりとした肉の食感を楽しめて、鹿の子は脂身がたっぷりと乗った味わい。どちらも生姜醤油と相性が良かったです。
150307-3.JPG

○鯨ほほ肉のたたき、すじ肉
どちらもお酒に合うような濃い味わいです。ほほ肉は、特に牛肉などをいただいているかのような肉らしい味を堪能できます。すじ肉はベーコンのような味わいで、ぽん酢と相性が良かったです。
150307-4.JPG

○鯨肉の揚げ出し
竜田揚げを大根おろしと生姜醤油を用いたおだしでいただきます。強い目の食感ですが、出汁とも合っていました。
150307-5.JPG

○ぶり大根
乗っている薬味が独特でネギとワサビを用いたものですが、これが意外とぶりの味と合っていて食が進むものでした。
150307-6.JPG

○鯨筋肉と青紫蘇の雑炊。
鯨の旨みが詰まった雑炊です。
150307-7.JPG

○デザート
150307-8.JPG

ネットで検索して、適当に選んだこちらのお店。店内も落ち着いていますし、鯨料理をいろいろと楽しめて、とても満足できるお店だったと思います。魚介料理もいろいろと豊富でしたので、また機会があれば一人ででも使ってみたいお店だと思います。

↓ヱビス瓶
150307-9.JPG

↓京梅酒
150307-10.JPG

↓和宝五柑
150307-11.JPG
posted by たぬき at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ