2015年03月16日

無双心・祇園店@京都市東山区大和大路四条下ル小松町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

亀岡の人気店「無双心」さんの祇園店です。

お店は祇園四条の駅降りて、建仁寺の手前のあたりです。徒歩ですぐに行けます。赤い暖簾や提灯が目立ちますので、すぐに分かります。街中なので駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席が並び、奥の方にテーブル席もあったかな(記憶が残っていません)。こぎれいでジャズが流れるような落ち着いた空間となっています。男性店員さん2人で切り盛りされていました。

メニューは、食券制となっています。ラーメンが無双心730円を中心に、トッピングなどで値段が変わります。タイ風無双というのもありました。また祇園黒そばという、地元の黒ゴマ、焼のり、黒酢などを用いたラーメンもありました。つけ麺は、極みつけ麺790円がメインで、これもトッピングなどで値段が変わるようです。

サイドメニューはご飯ものが中心で、唐揚げがあるくらいですが、セット・定食メニューも存在しました。

この日はチャーシュー麺930円を注文。

登場したラーメンは、美しくバラ肉チャーシューが並べられており、その上に極太のメンマ、ネギがトッピングされています。スープは見るからに粘度の高そうな白濁したものです。

こちらのスープは、野菜と豚・鶏ガラを用いたスープとのことです。レンゲをスープに入れるのにも弾力を感じるような、かなりの高粘度です。ただ味わいは、豚のコクもしっかり感じるのですが、野菜も多く使われているようで、くどさはなく逆に飲みやすいものです。味自体は、ほんのりとした甘みと野菜の旨み、豚のコクが調和していると思います。

麺は、自家製麺とのことで、低加水の平打ちの中太ストレート麺を使われています。こちらも食感が、しっとりとしていて、粘度の高いスープとも相性が良いものです。

チャーシューは、薄切りのバラ肉と、それともう一種類赤身のしっかりした食感のものが少量入っています。どちらも味付けは強すぎず、スープを邪魔しない仕上がり。バラ肉の方は、柔らかみもあり、良かったです。

こちらは、こってり系なのですが、くどさがなく、逆に飲みやすいくらいのスープです。こってりが苦手な方も挑戦できるような味は万人受けするのではないかなと思います。

↓チャーシュー麺
150316-1.JPG

↓チャーシュー
150316-2.JPG

↓麺とスープ
150316-3.JPG

↓お店の外観です。
150316-4.JPG
posted by たぬき at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都