2015年05月24日

めんや美鶴@京都市中京区菊水鉾町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

四条烏丸の交差点近くを歩いていると、知らないラーメン店が。この日は5月9日で、その1日前の5月8日にオープンとのこと。まさしく開店時間の11:30に準備されて、開店される時間だったので、なにかの縁かなと入ってみることにしました。

店舗は、白を基調とした外観です。「濃厚京鶏白湯らーめん めんや美鶴」と書かれた看板がありますが、落ち着いた印象。

店内は最初に食券機があり、それほど広くない厨房スペースを囲うようにカウンター席が並びます。職人さんは1人でされており、他に男性スタッフ2人と、女性アルバイトさんが3,4人くらい。えらく多く感じましたが、人気店になる自信?があるのでしょうね。オープンしたてのため、接客は恐ろしく不慣れな感じでした。

メニューは、濃厚鶏白湯そば780円、超濃厚鶏白湯そば880円、京鰹節鶏白湯そば750円の3本立て。濃厚鶏白湯そばは、白と黒が選べます。白は塩味、黒は醤油味となっています。他に特製(全部入り(鶏チャーシュー1舞、鶏つくね2個、のり3枚増し))にすると+200円となっています。

この日は特製超濃厚鶏白湯そば1080円を注文。

登場したラーメンは、見るからにドロッとしたスープ。そこに煮玉子、キクラゲ、ネギ、鶏チャーシュー、鶏つくね、のり、刻みタマネギがトッピングされています。

スープは鶏ガラ、モミジ、香味野菜をとことん煮込んだものということで、ゼラチン質の濃厚な粘度のあるスープです。鶏の旨みと醤油の強さは意外と控えめで、味自体は優しく感じます。ただ粘度の高さと重みに少し癖があるようにも思います。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。京都でも馴染みのあるような食感のもので、非常にしっとりとした食感が好印象でした。

鶏チャーシューは、柔らかく脂身も少なく食べやすいもの。それと鶏つくねが独特の食感で美味しいなと思いました。肉団子というより、表面をパツッと破るような食感で、中身は柔らか。濃いめの醤油ダレで味付けされていますが、これ単品で食べてみたいなと思いました。

こちらのお店は、偶然入りましたが、濃厚こってりが好きな方には受ける味だと思います。また店内がとてもきれいで、女性一人客などにも入りやすいお店だと思います。

↓特製超濃厚鶏白湯そば
150524-1.JPG

↓鶏チャーシュー
150524-2.JPG

↓麺とスープ
150524-3.JPG

↓お店の外観です。
150524-4.JPG
posted by たぬき at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都