2015年07月27日

らーめん ぎん琉@宇治市伊勢田町名木

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

宇治市伊勢田にあるラーメン店「ぎん流」さんです。最近できたお店のようです。お店は、西小倉中学校の近くにあります。

お店の外観は、訪問時には工事中でよく見えませんでしたが、黒くシックな外観のように思いました。お店の横に、かなりの台数が停められる駐車場が存在しました。

店内は、こぎれいでカウンター席とテーブル席が数個あります。男性の職人さんが数人と女性店員さんで切り盛りされています。接客は丁寧なものでした。

メニューは、魚介鶏白湯、エビ塩鶏白湯、黒醤油、まぜそばの4つ。チャーシューメンにすると+250円。またチャーシューの種類は、レアと炙りから選べるようになっています。夏季限定の柚子塩冷やしラーメン、滋賀雄琴のラーメン殿とコラボされている赤スタミナ鶏白湯というメニューもありました。他に単品やセットも存在しました。

この日は、魚介鶏白湯680円のチャーシューメン+250円を注文。チャーシューは、レアと炙りを半分ずつにしていただくことも可能でしたので、そうしました。

登場したラーメンは、左半分にレアチャーシュー、右半分に炙りチャーシューが乗ったものです。深い器で今風の雰囲気。濁ったスープには魚粉、背脂が浮き、太目のメンマ、糸唐辛子、ネギなどがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏白湯の味よりも、ガツンと来る魚介のほうが強め。意外と脂分が多い感じで、油膜を張ります。動物系のコクに、強めの魚介が加わり、旨みはたっぷりとあります。

麺は中細の低加水ストレートを使用されています。表面がツルっとしていて食感も心地よいものです。

レアチャーシューは、塩だれの味がしっかり入って食感もしっかり。ペッパーでふちが味付けられていて、濃いめのスープの中でも負けない味わいです。炙りも濃い醤油ダレの味で脂身が多くジューシー。どちらのチャーシューも厚切りなので存在感、食べ応え共に抜群でした。またかなり太目のメンマもインパクトがあるものでした。

鶏白湯を期待すると、鶏の風味より魚介が勝っているような味でしたが、しっかりとした完成度の高い一杯だったと思います。接客も丁寧ですし、誰にでも入りやすいラーメン店だと思います。

↓魚介鶏白湯チャーシューメン
150727-1.JPG

↓左:レアチャーシュー、右:炙りチャーシュー
150727-2.JPG

↓麺とスープ
150727-3.JPG

↓お店の外観です。
150727-4.JPG
posted by たぬき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都