2015年10月04日

つるかめ・本店@京都市中京区寺町通四条上ル中之町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都に数店舗ある、つけ麺、ラーメンの人気店「つるかめ」さんの本店です。この日は16時ごろの微妙な時間帯に訪問。

お店は、寺町通沿いにあり、とても小さな店舗でされています。お店のキャパが少ないためか、よく外で待っておられるお客さんをよく見ます。この日も入店時は、すぐに入れましたが食べている間に、外に待ちが出来ていました。

店内は、とても狭く、カウンターのみとなっています。店長さんが一人で切り盛りされていますが、対応はとても丁寧だと思います。

メニューは、つけめんが3種類で、魚介醤油つけめん、西京味噌担々つけめん、旨辛つけめん。冷たい麺として、すだち和え麺。ラーメンが魚介醤油らぁめん、旨辛らぁめんとなっています。麺の量は小盛から大盛までが同価格で、トッピングなどで値段が変わるようになっています。他に、ご飯類がいくつか存在しました。

この日は、魚介醤油らぁめん720円、炙りチャーシュートッピング+200円。それと瓶ビールを注文。瓶ビールは新しくなったザ・モルツでした。このお店は、つけ麺がメインなのと、一人で切り盛りされていることもあり、商品の提供まで時間がかかります。そのためザ・モルツをちびちび飲みながら時間をつぶすことに。

しばらくすると登場するラーメンは、濃厚そうな濁った色合いのスープに、三つ葉、極太メンマ、糸唐辛子、柚子、ノリと炙りチャーシューがトッピングされています。

スープは、豚骨のコクが効いた魚介系スープ。予想以上に動物系のコクが強く、濃厚でまったりしています。ありがちな濃厚魚介豚骨醤油という感じでもありますが、ゆずと三つ葉の風味がほんのりと効き、和風の感覚を楽しませてくれます。

麺は、全粒粉入りの中細ストレート麺を使用されています。しっとりとしながらも、食感が心地よい麺で良かったと思います。

そして炙りチャーシューは、この手のトッピングは1枚大きいのがドーンと乗っているような感じかな・・と思っていましたが、なんのなんの数がとっても多い!1枚1枚丁寧に炙られていて脂身多めのジューシーなもので、とても食べ応えがありました。また極太のメンマも存在感抜群でした。

こちらのお店は、とても小さいお店ですが、人気があるのがよく分かる、しっかりとした味だと思います。街中で使いやすい位置なので、ちょっとした時に訪れやすいお店だと思います。

↓魚介醤油らぁめん+炙りチャーシュートッピング
151004-1.JPG

↓炙りチャーシュー
151004-2.JPG

↓麺とスープ
151004-3.JPG

↓瓶ビール
151004-4.JPG
posted by たぬき at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都