2015年12月11日

ラヴラール@愛媛県松山市花園町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

松山市駅近くにあるラーメンバルの「ラヴラール」さんです。松山のご当地ラーメンの「瓢太」さんは弟さんが継がれ、お兄さんがこちらのお店をされているとのことで、出張のたびに一度行ってみたいなと思っていました。この日は、仕事後の夜に訪問。

お店は、松山市駅から歩いて5分ほどのところにあり、ビルの2階で営業されています。17時30分からがバルタイムとのことですが、お昼も営業されているようです。

店内は、ラーメン店というより、本当にバルという感じのこじゃれた雰囲気。カウンター席とテーブル席が2つほどあります。陽気なご主人と、まじめそうな女性店員さんのお二人で切り盛りされていました。

ラーメンメニューは、中華そばを中心に、トマトやカリー、イカスミなど瓢太とは異なる独特のメニューもされているようです。それ以上に多くの飲み屋さんメニューが存在します。

この日は、中華そばハーフ550円とスペアリブ(ハーフ2本)500円、鯛のフリット750円、瓶ビールを注文。瓶ビールは銘柄をいくつかから選べたので、クラシックラガーにしていただきました。

店長さんは一品一品丁寧に調理してくださいます。まず最初に鯛のフリットから。塩コショウに着けていただく鯛のフリットは、身が柔らかく、ふんわり揚げられた衣のさっくり感との相性も良いものです。サクサクと食べられる一品でした。

スペアリブは、逆に濃厚でしっかりとした肉のうまみを楽しめるもの。肉の量も多くボリュームたっぷりです。お酒のあてに良いものですね。

そして中華そばハーフ。ハーフなので小さめの器で提供されますが、見た目は瓢太でいただいたラーメンに似ています。白濁したスープにネギ、メンマ、チャーシューがトッピングされています。

スープは、やはり松山のご当地系独特の甘みがあります。ただ甘みが強すぎず、優しい味付けで比較的飲みやすいなと思います。豚骨ベースなのですが、しっかりとしたコクも感じることが出来ます。

麺は細めの低加水麺を使用されています。食感が片目でサクサクとした噛み心地を楽しませてくれます。またメンマも甘い味付けでスープとあっている印象です。

印象的なのは、厚切りのチャーシュー。ハーフのため二枚だけなのですが、脂身が多くとてもジューシーで柔らか。醤油ダレでしっかりとした味が入っており、個人的にはスペアリブ以上の美味しさを堪能できたように思います。このチャーシューはレベルが高いなぁ。

こちらのお店は、ラーメン&居酒屋雰囲気を気軽に楽しむことができるお店です。私もラーメンを食べるつもりが、いつの間にやら、店長や隣の方々と話して長居してしまいました。雰囲気も良いお店で、常連となって訪れると楽しいお店のようにも思います。

↓中華そばハーフ
151211-1.JPG

↓鯛のフリット
151211-2.JPG

↓スペアリブ(ハーフ2本)
151211-3.JPG

↓瓶ビール
151211-4.JPG

↓お店の入り口です。
151211-5.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他