2015年12月20日

楽楽楽@京都市左京区聖護院西町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京大付属病院の前(東大路通沿い)にあるラーメン店「楽楽楽」さんです。北区に本店がありますが、こちらのお店はラーメンの味が異なり、濃厚麺「楽楽楽」として営業されているようです。

お店の外観は、目立たず、落ち着いた雰囲気です。白い提灯と、ラーメンメニューが描かれた白い看板が目印になると思います。街中のためお店の駐車場は存在しません。

店内は、入ってすぐのところに食券機があります。レイアウトは、こじんまりとしていてカウンター席と座敷がありますが、それほど大人数は入れる感じではありません。真面目そうな店長さんと、愛想の良い女性店員さんの二人で切り盛りされていました。

メニューは、ラーメンが、とんこつ醤油(濃厚こってり)、とんこつ塩(まったり)がそれぞれ650円。とん辛(激辛、期間限定)750円。つけ麺は夕方以降の提供で、魚介系とんこつのものが750円から存在するようでした。それぞれトッピングやサイズで値段が変わります。他にお昼は、単品が少し存在するのと、ランチセットがありました。

この日は、とんこつ醤油650円の煮玉子100円、チャーシュー200円トッピングを注文。

しばらくすると、ラーメンが提供されます。泡立った濁った色合いの濃厚そうな見た目のスープ。そこにチャーシュー3枚、煮玉子、ノリ、ネギ、メンマがトッピングされています。

スープは、とろみを感じる濃厚な豚骨の旨みが出た豚骨醤油スープ。ゼラチン質を感じる粘性のある食感です。味は、ほんのりとした甘みを最初に感じますが、ちょうどよい塩梅の醤油風味でまろやかな仕上がり。豚骨のコクがしっかりしていて旨みがたっぷりです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。しっとりとしながらも、食感がよく残っていて噛み心地の良いものです。

チャーシューは、しっかりと炙りの入った厚切りロールチャーシュー。炙りの香りがラーメン全体に広がります。厚切りで食べ応えがあり、脂分が強すぎないので食べやすいのも良かったと思います。煮玉子も味がしっかりと染みているものでした。

北区の楽楽楽と比べても濃厚な味に仕上がっていると思える、こちらのラーメン。非常にまじめに作られた感じのする一杯で、こってり系が好きな方にお勧めできるラーメンだと思います。お店の雰囲気も良いので誰にでも、入りやすいと思います。

↓とんこつ醤油+煮玉子、チャーシュートッピング
151220-1.JPG

↓チャーシュー
151220-2.JPG

↓麺とスープ
151220-3.JPG

↓お店の外観です。
151220-4.JPG
posted by たぬき at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都