2016年03月21日

ステーキ宮・京都伏見店@京都市伏見区島津町

ステーキ宮の京都伏見・新堀川通りのお店です。この日は休日のお昼時に訪れました。

店舗は、新堀川通りの南下する側のレーン。ザめしや、鎌倉パスタなど郊外型レストランが並ぶところにあります。お店の外観も、郊外型レストランという感じで、大きく目立ちます。駐車場も店舗裏に完備されています。

店内は、いわゆるファイレスの内装で、広めのゆとりあるテーブル席が並びます。真新しいため、とてもきれいです。また店員さんは、とても教育されていて丁寧だったのは好感が持てました。また休日のお昼のためか、10分ほどですが待つことになりました。

メニューは、ステーキ、ハンバーグ、グリルチキンを中心としたもの。昼間はランチメニューもあり、1000円くらいのお得なものが多くありました。一般的なメニューは、ステーキは店名の付いた宮ロースは、いわゆるインジェクション加工肉を使用されているとのこと。一時期厳しい目にさらされたので、書かれているのでしょうね。ランチでは、150g 1380円、240g1980円で、ライス、スープバー付きで安めです。

きちんとしたサーロインやヒレステーキも存在し、そちらはさらに+1000円くらいの価格帯だったと思います。

この日は、この最もメインメニューと思える宮ロースランチ150g1380円を選択、+100円でライスをガーリックライスに変更していただき、海藻サラダ+200円を付けました。焼加減はミディアム、ソースは店名の付いた宮のたれ、サラダドレッシングは赤ドレを選びました。

スープバーは、トマトスープと、野菜のスープを飲みましたが、トマトの方は独特の酸味のある洋風のもので、野菜の方が自然な美味しさだったかな。サラダの赤ドレは、酸味の強いフレンチタイプのもので、個性的でした。一般的な味が好みの方は別のドレッシングが良いかもしれません。

そして、登場する宮ロース。大きめのステーキに店員さんがソースを目の前でかけてくださいます。ジャガイモ、パスタなどがトッピングされています。

インジェクション加工肉のため、安全性を考えて、さらによく火を通すためのペレットも持って来てくださいます。ミディアムで焼いていただいたものに、さらに焼を加えるのは変な感じがしますが。

肉は、脂も入っているので、そこそこ柔らかくジューシーです。ただ赤身特有の芯の強さは、けっこう残るものなんですね。それでも満足な美味しさでした。宮のたれは、タマネギとニンニクもわずかに効いていたと思うのですが、酸味が強く個性的。はまる人は美味しいと感じるのかな。個人的には普通のソースの方が良かったとも思いました。それとガーリックライスは、本当に強くガーリックが効いてますね。仕事前の方は注文を気を付けましょう。

なんとなく入った初のステーキ宮でしたが、接客も良いし、居心地もよく、そこそこ満足できるお店だったと思います。何かの機会に、また使用することがありそうです。

↓宮ロース150g
160321-1.JPG

↓宮ロース150g、ガーリックライス、野菜のスープ
160321-2.JPG

↓海藻サラダ、トマトスープ
160321-3.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ