2016年05月04日

奈良秋篠食堂@奈良市秋篠町

奈良市秋篠町にある「まいどおおきに食堂」の「奈良秋篠食堂」です。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は西大寺、平城から押熊方面へ向かう道沿い、来来亭の近くにあります。店舗の外観は、まいどおおきに食堂の基本形で、お店の横に駐車場も完備されています。

店内は、島状のカウンター席とテーブル席が並ぶ、まさに食堂の雰囲気。こちらのお店は、調理されている、おばさま方が愛想が良くて、魚とかを選んでいると、焼きましょうか?とこまめに聞いてくださいました。

こちらは、置いてある単品を好みで取って、ご飯、麺類などを注文して精算するシステムです。だいたい100〜300円くらいで、それぞれの単品が置かれています。

この日は、さばの塩焼き302円、冷奴162円、それと、一度も食べたことがなかった、まいどおおきに食堂の中華そば324円を注文しました。中華そばのみ、わずかに時間がかかるので、後になってテーブルに運んでくださいます。

こちらの中華そばは澄んだ色合いの醤油スープにもやし、ネギ、ハムのような焼豚がトッピングされたシンプルなものです。

スープは、ほんと懐かしのというか、インスタントとかでありそうな醤油スープで、若干塩分が強めです。麺は、柔らかい多加水麺で優しい食感。特別、美味しい!と感じるようなものでもありませんが、安心できる味わいだと思います。ハムのような焼豚も意外と厚切りで噛みごたえがあります。

冷奴は意外と大きくて満足のいく分量です。

それと、さばの塩焼き。こちら、意外と大きいし味付けもちょうど良い塩梅。脂も乗っていますし、ご飯といっしょに食べたかったかも・・なんて思える一品でした。今回は、どうしても中華そばを食べたかったのでこうなりましたが、次はご飯ものと組み合わせたいものです。

まいどおおきに食堂は、いつでも気軽に訪れることができるのが良いですね。この付近もちょくちょく訪れるので、またふらっと使ってみようと思います。

↓中華そば、さばの塩焼き、冷奴
160504-1.JPG
posted by たぬき at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ