2016年05月17日

赤のれん@京都府久世郡久御山町森川端

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

久御山町に新しくオープンした博多豚骨のお店「赤のれん」さんです。博多では有名なお店なのかな?創業は昭和35年のようです。こちらは以前、鴨錦さんが営業されていた店舗を使用されています。この日は日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、1号線沿い、大阪から京都に向かうレーン側にあります。ちょうど久御山のラーメン横綱の向かい側くらいです。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、カウンター席とテーブル席が少しあります。20人前後入れるかなというこじんまりとした店舗です。お店は、男性店員さんと女性スタッフさんが切り盛りされておられ、庶民的ながらも温かい雰囲気がありました。

こちらは食券制となっていて、入ってすぐのところに食券機があります。メニューは、博多とんこつラーメンが650円。チャーシュー麺が800円。そのほかご飯ものやトッピングが選べるくらいでシンプルなメニュー構成です。麺の硬さは最初に聞いてくださいます。他に、高菜、紅ショウガなど取り放題となっていました。ご飯は注文すればおかわり自由なようです。

この日は、チャーシュー麺800円を注文。茹で具合は普通でお願いしました。

登場したラーメンは、白濁した豚骨スープに、ネギ、海苔、チャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、豚骨のコクがしっかりと出ていて、まったりとした旨みにあふれています。わずかに加えられている醤油ダレの塩加減も良い塩梅で、バランスが素晴らしい。豚骨のコクもしっかりしているし、後味もすっきり感があり、濃厚すぎず、旨みを味わえるスープだと思います。

麺は細麺ストレートを使用されています。プチプチと噛める食感はとても楽しいもので、豚骨スープとの相性も良いです。

チャーシューは、スープを邪魔しない程度の薄味のものが多めにトッピングされています。赤身でしっかりとした豚の食感を楽しめます。意外と量も入っているので満足度も高いです。

こちらのお店、何気なく入ってみましたが、豚骨の完成度がとても良いものだと思いました。この辺りは意外とラーメン店が豊富ですが、豚骨を味わいたいなら、こちらのお店を訪れるのは良いなと思いました。

↓チャーシュー麺
160517-1.JPG

↓チャーシュー
160517-2.JPG

↓麺とスープ
160517-3.JPG

↓お店の外観です。
160517-4.JPG
posted by たぬき at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都