2016年05月31日

ココス・京田辺店@京都府京田辺市三山木垣ノ内

ファミレスのココスの京田辺店です。この日は、休日のお昼時に訪れました。ココスに入るのは10年ぶりくらいかもしれません。

お店は、JR同志社前駅の近くにあります。ココスの基本的な外観で、駐車場も大きめのものが完備されています。

店内はファミレスらしい広々とした造りとなっています。テーブル席が並び、ゆったりとした座席配置です。店員さんも丁寧でトレーニングされたものでした。

メニューは、ハンバーグ、ステーキ、パスタ、ピザなどを中心に洋風ファミレスらしいメニューが一通りそろっています。値段も控えめで利用しやすい価格帯だと思います。

この日は、新登場として、プレミアムハンバーグがこだわりメニューのように紹介されていましたので、その中のプレミアムハンバーグ・フェアセット1390円を注文しました。内容は、プレミアムハンバーグ(本格デミグラスソース・彩り野菜とともに)、ライスorパン、コーンスープ、サラダとなっています。私はパンを選択したのですが、石窯パンとバゲットから選べたのでバゲットにしました。

まずサラダ、コーンスープと提供されます。サラダは和風ドレッシングが掛けられ、あっさりながらも新鮮な味わい。コーンスープは意外と濃厚で、期待以上に美味しく感じました。

続いてバゲットとプレミアムハンバーグが登場します。プレミアムハンバーグは漆黒のデミグラスソースに彩り野菜がゴロゴロたっぷりと乗っています。

ハンバーグは宣伝文句に肉汁溢れる・・と書かれていましたが、正直そこまでの感動はないかな・・。この店舗だと近場にハンバーグ専門店の「たくみ」さんとかもあるので、ハンバーグ自体を味わいたいときには、分が悪い気もします。ただ、肉の柔らかさや、その質感も良い感じのハンバーグだと思います。

ただハンバーグ以上に美味しく感じたのはデミグラスソースで、ワインから来る濃厚なコクと酸味が効いていて、野菜の甘みもあるのかな・・旨みが濃厚に活かされています。このソースは良かったなと思いました。

バゲットは、とても小麦の風味が良くて楽しむことが出来ました。

久しぶりに入ったココスですが、雰囲気も良いし、広々とした店内も落ち着きますので、また気軽に使ってみたいなと思いました。朝10時からのオープンも魅力的ですので、早い時間帯に使うことも出来そうです。

↓プレミアムハンバーグ
160531-1.JPG

↓バゲット
160531-2.JPG

↓コーンスープ、サラダ
160531-3.JPG

↓お店の外観です。
160531-4.jpg
posted by たぬき at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

すみれ・京都店@京都市下京区東塩小路町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

すみれの京都店さんです。

長年、拉麺小路さんでも味を楽しませてくださった、すみれさんが拉麺小路の改修で撤退されるとのこともあり、食べたことのなかった塩ラーメンを食べに訪れてみました。

この日は、塩ラーメン(並)+チャーシュートッピングを注文。

大きめのチャーシューが並ぶ塩ラーメンが登場します。スープ表面は、ゴマ、ラードが浮き、色合いは茶色がかっていますが澄んでいます。トッピングはネギ、タマネギ、メンマ、モヤシ、蒲鉾となっています。

スープをいただくと、すみれ特有のラードの香り豊かな味わい。独特の香りが食をそそります。味噌や醤油スープと基本は似ていて、塩味もあっさりはしていますが、ラードが強いので、独特の濃さを感じます。これは個性的で癖になる味わいだと思います。

麺は多加水の太目の縮れ麺を使用されています。硬めの茹で具合でしっかりとした食感を楽しむことができます。

チャーシューは、大判のものが多く入っています。味付けは控えめなのですが、脂身も多くジューシーで食べ応えはあります。スープの種類も多いので困難だとは思いますが、もう少し味付けが濃いめだと、スープとの相性も良いように思いました。

こちらの塩ラーメンもラード特有の香りを活かした癖になるような味わいだったと思います。京都からは、すみれさんは撤退されるようですが、個人的には、どの味も好みですので、またの機会に訪問したいと思います。

↓塩ラーメン・チャーシュートッピング
160529-1.JPG

↓チャーシュー
160529-2.JPG

↓麺とスープ
160529-3.JPG
posted by たぬき at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

大阪王将・木津川台店@木津川市吐師宮ノ前(2)

大阪王将の木津川台店です。

この日は、レギュラーメニューの中から、もちもち太麺の炒め焼きそば、元祖焼餃子を注文。

炒め焼きそばは、登場した瞬間から炒めの良い香りが漂います。具は、キャベツ、タマネギ、ニンジン、チンゲン菜、キクラゲなどの野菜と、豚肉、イカ、海老などとなっています。

こちら、なんと言っても、やや太めのもちっとした食感の麺が秀逸。ソースの味付けも濃すぎず良い塩梅で、食感が良いこともあり、どんどん食が進む印象です。具も多いですし、特に豚肉はかなり多く入っていたように思います。とても満足できる一品だと思います。

そして元祖焼餃子。こちらは、普通の酢醤油のほか、味噌だれでも食べられるようになっています。個人的には、やはり酢醤油かな。しっかりと焼き目が一面に入った餃子はパリッとした食感で素晴らしい。正直、焼き加減だけで、これだけ美味しくいただけるなんてと思える良さがこちらの店舗にはありました。具もしっかりしてますし、餃子だけでも満足の出来る店舗だと思います。

久しぶりに訪れましたが、どちらの料理も満足が行くものでした。近場ですし、これからも気が向いたときにふらっと入ることとなりそうです。

↓もちもち太麺の炒め焼きそば
160528-1.JPG

↓元祖焼餃子
160528-2.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

台湾ラーメン大ちゃん@木津川市山城町綺田川久保(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

24号線沿いにある台湾ラーメン大ちゃんです。

この日は、台豚とアパッチを注文。先にアパッチ、続いてラーメンが提供されました。

ここの台湾ラーメンは、しばらくぶりなのですが、チャーシューを変更されたのか、ロールタイプのものとなっていました。醤油ベースの茶濁したスープにニラ、タマネギ、モヤシ、ミンチ肉がトッピングされています。

ここのラーメンの食べ方の基本に沿って、しっかりとスープと麺を混ぜていただきます。

スープ自体は、優しいタマネギなどから出ていると思われる甘さと、醤油、それとピリッとした唐辛子の風味が絶妙にマッチした味わい。やはり城陽発の台湾ラーメンは、癖になる味わいだなと思います。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。とても柔らかい茹で具合で個人的には好み。ニラや、タマネギ、ミンチ肉との絡みもとても良いものです。

それとチャーシューが、柔らかくてジューシーなものに変更されていました。味付けは控えめで、スープを邪魔しない程度のものですが、そこそこ食べ応えはあったと思います。

しばらくぶりに訪れたこちらのお店ですが、居心地の良い雰囲気と、癖になるような味わいが、やはり良いなと。ここには車以外では訪問しづらいのですが、いつか焼鳥なども試してみたいなと思ってしまいます。

↓台湾ラーメン・焼豚入り
160526-1.JPG

↓チャーシュー
160526-2.JPG

↓麺とスープ
160526-3.JPG

↓アパッチ
160526-4.JPG
posted by たぬき at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

天理スタミナラーメン・平城店@奈良市朱雀(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天理スタミナラーメンの平城店です。

この日はスタミナチャーシュー920円を注文。

しばらくすると鉢一杯にチャーシューが並んだスタミナラーメンが提供されます。他のトッピングは、たっぷりの白菜とニラ、ニンジン、豚肉などとなっており、天理系特有の赤色系のスープです。

スープはベースの豚骨のマイルドさに豆板醤の辛さが加えられてあり、わずかなニンニクの旨みが効いています。同じ天理系の彩華と比べると、とてもマイルドで比較的飲みやすいと思います。しかしながら癖になるようなピリ辛感もあります。

麺は、中細くらいの玉子麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合で麺の味自体もスープとの相性が良いものです。またたっぷりの野菜とも絡み、食感を楽しむことができます。

そしてチャーシューは、やや厚切りのロールタイプのものがたっぷりと。味もしっかりしていますし柔らかくなかなか高レベルです。

久しぶりに天スタを食べましたが、食べやすいスタミナラーメンながらも独特の癖になるピリ辛感があり良かったと思います。また気が向いたときに訪れたいと思います。

↓スタミナチャーシュー
160524-1.JPG

↓チャーシュー
160524-2.JPG

↓麺とスープ
160524-3.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良