2016年07月21日

京都らーめん おおの@京都市右京区西院南寿町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

西大路五条を少し西に進んだところにあるラーメン店「京都らーめん おおの」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、五条通り沿い西→東のレーン沿いにあります。黄色い暖簾が目立つので分かりやすいと思います。歩いて行ったのですが、たぶんお店の前のスペースは駐車できると思います。

店内は、外観より広い感じで、座敷とカウンター席が並びます。男性の職人さん2人が切り盛りされ、女性スタッフが接客をされていました。昼間から飲んでいる方も多く、居酒屋のような庶民的な雰囲気で居心地が良かったと思います。

メニューは、背脂醤油系の「おおのラーメン」(きりっと醤油)「京都ラーメン」(ほのかな甘み・まろやか醤油)の2つがメイン。他に、特製冷やしタンタンつけ麺がありました。単品メニューや、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューもいくつか存在します。

この日は、おおのチャーシューメン(並)800円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、びっしりと背脂の浮いた醤油ラーメン。一味はごくわずかに浮いています。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、最初にガツンと来るのが、動物系のコクの強さ、そして塩加減と脂が若干強めで、とにかく野性的な印象です。京都の背脂醤油の代表的な、ますたに・ほそかわ系と比べると、かなり迫力のある一杯という印象でした。一味は、それほど入っていないのですが、そこそこの強い醤油味があるので、後味の引き締まりも良いものです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。優しい食感で、スープ、背脂、チャーシューなどとの辛味は良いものです。

そしてチャーシューは、味付は控えめのものが脂身、赤身のバランスも良くたっぷりと入っています。薄切りで柔らかく、麺やスープと絡めていただくのにも適しています。量もこれでもかという分量が入っており、満足できるものでした。

こちらのお店は、初めて入ったのですが、背脂醤油系の中でも野性的な迫力ある一杯として、なかなか個性的で満足が出来るものだったと思います。がっつりと濃いめの味わいを楽しみたいときに入りたいお店だと思います。

↓おおのチャーシューメン(並)
160721-1.JPG

↓チャーシュー
160721-2.JPG

↓麺とスープ
160721-3.JPG

↓お店の外観です。
160721-4.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都