2017年02月13日

雉祥@京都府木津川市相楽袋樋

木津川市の山田川駅近くにあります鶏料理専門店の「雉祥」さんです。この日は、久しぶりに訪問。お昼時に訪れました。

こちらはお店の外観は料亭という雰囲気です。全室、個室対応となっています。外観からすると身構えがちですが、接客は丁寧ながらも、とても庶民的な親しみやすさがあり、居心地が良いと思います。

お昼も夜と同じく完全予約制となっています。お昼の料理は、雉のコース4500円、鶏のコース3750円、雉の昼御膳3000円、鶏の昼御膳2300円など。夜に扱っておられる鴨料理をされているかは確認しませんでした。

この日は雉のコース「雉肉のおもてなし」をお願いしました。雉肉は詳しくなくても、毎回、丁寧にお店の方が味や食べ方など教えてくださいます。

この日いただいたものは以下の通り。
〇先付け:笹身お造り
小さめの笹身にギュッと旨みが濃厚に詰まっています。旨みがたっぷりなのに後味はあっさりとした食べやすい一品。
170213-1.JPG

〇前菜:季節のサラダ
季節の野菜と、雉の手羽先、手羽元のサラダ。手羽先、手羽元ともに記事は火が通ると身が締まるようで硬いのですが、旨みがたっぷりです。野菜も地物を使われ、彩りも味付けも爽やかな一品でした。
170213-2.JPG

〇焼き物:雉タタキ
左が胸肉、右がモモ肉。モモ肉の方が薄味ということで、先にそちらから食べてくださいと説明くださいます。どちらも数種類のキャベツが和えてあります。胸肉は濃厚な旨みと、つるんとした食感。モモ肉はあっさりながらも、噛んだ瞬間にあふれる深い味がたまらない一品です。
170213-3.JPG

〇お口直し:寿司
胸肉のお寿司。最初から醤油で味付けされています。こちらも非常に濃厚な味を楽しめます。
170213-4.JPG

〇鍋物:雉すき焼き
雉肉を使ったすき焼き。野菜や豆腐、糸こんにゃくなどもたっぷり。雉肉は脂身の部分が食感も柔らかくトロける美味しさがあります。こちらはご飯もおかわり自由で満腹になります。
170213-5.JPG

170213-6.JPG

〇菓子:抹茶アイス
抹茶のアイスに、餅、ポン菓子、苺を合わせたもの。上品で優しい味わいです。
170213-7.JPG

夜の利用と比べると、昼は、とても良心的な価格で雉料理が楽しめます。こちらは外観で感じるほど敷居も高くなく、味、接客もとても素晴らしいと思います。また他の鶏肉料理も楽しみに訪問したいと思います。
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ