2017年02月22日

MILAN・京田辺店@京都府京田辺市宮津宮ノ下

MILANの京田辺店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。MILANさんは、京都南部、大阪、奈良北部の県境付近に多く出店されていて、私もそのうち3店舗は入ったことがあります。こちらは昨年オープンされて気にはなっていましたが、この日初めて訪問しました。

お店は、近鉄宮津駅の近くにあります。他のMILANさんと比べて綺麗な外観で、お店の前に多めの駐車場も完備されています。

店内も広々としていて綺麗。テーブル席が多く並びます。お店の接客は、インド・ネパール系の方と日本人スタッフがされていましたが、とても丁寧なもので良かったと思います。

昼のランチメニューは一番安いAランチ850円からサイドメニューやカレー、ナンの種類などにより値段が変わり、最も高いものはプレミアムコースで1800円。基本のプレーンナンはおかわり自由で、スペシャルコース、プレミアムコースで注文したグループは、その他のナンも無料になるようです。

この日は、ミランコース1280円にしました。内容は、サラダ、スープ、タンドリーチキン、カレー2種類。カレーはダルパラック(インド豆とほうれん草)、マトンカレーを選択、辛さは2辛(普通程度)にしていただきました。プレーンナンとライスから選べたので、プレーンナンをお願いしました。ドリンクはラッシー。あと、この日は食後にデザートとしてマンゴープリンがサービスで付けてくださいました。

タンドリーチキンは、2人で訪れたので2人分が同時に鉄板で焼かれた状態で熱々で登場します。他に2種類のカレー、スープ、ナンなども遅れて登場します。

タンドリーチキンには、野菜のソースがお好みでということで付いてきます。タンドリーチキン自体は大きくそこそこスパイシー。とてもジューシーでなかなかのもの。野菜ソースを加えると、少しまろやかな美味しさも加わる感じです。

カレー二種類は、2辛でも普通程度の辛さです。どちらかと言うとマトンカレーの方がスパイシー。どちらも小さな器に見えますが深さがあり量はあります。ナンを追加しても十分な量です。どちらもやわらかなドロ系で、ダルパラックは、比較的甘さもありまろやかな仕上がりです。マトンには大きなマトン2つがゴロリと入っていて食べ応えがありました。

プレーンナンはふんわり感と、焼き加減がちょうどよい感じです。ものすごく大きくないので、2枚くらい食べると丁度良いかなと思いました。スープはコンソメ味の野菜スープで濃いめの味付けで個性的です。

MILANさんは、どのお店も、安くでナンもおかわり自由で味も良し。満足度は高いと思います。こちらのお店は新規オープンと言うこともあり、お店の明るさ、清潔感も高く、これまで訪れた店舗の中でも良いお店だなと思いました。

↓ミランコース
170222-1.JPG

↓ラッシー
170222-2.JPG

↓マンゴープリン
170222-3.JPG

↓お店の外観です。
170222-4.JPG
posted by たぬき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ