2017年06月30日

京つけめん つるかめ六角@京都市中京区新京極通六角東入松ヶ枝町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の人気つけめん、ラーメンのお店「つるかめ」さんの六角のお店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、六角通沿い、第一旭や珍遊さんが並ぶところにあります。お店の外観は、白と黒のシックな雰囲気。街中のため駐車場は存在しません。

店内は、こじんまりしていて、カウンター席が中心で、奥に1つテーブル席があるくらいです。お店の方は、男性3人で切り盛りされ、ほぼ満席で忙しい中、しっかりと接客されていたと思います。食券制となっているので、お店入ってすぐの食券機で購入するシステムとなっています。

メニューは、つけ麺が中心で、魚介醤油、旨辛、西京味噌担々、やみつきカレーと4種のつけ麺。それとらぁめんは、魚介醤油、旨辛、豚そば(汁なし)と3つが用意されています。それぞれ麺の量は、小〜大まで変更が無料です。トッピングも数種類ありました。

単品は、唐揚げやチャーシュー、ご飯類があるほか、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、魚介醤油らぁめん770円+炙りチャーシュートッピング200円、それと瓶ビール500円をお願いしました。瓶ビールはモルツでした。

登場したラーメン、濁った色合いのスープに魚粉が浮いています。そこに炙りチャーシュー、太目のメンマ、海苔、三つ葉、柚子、糸唐辛子がトッピングされています。

スープをいただくと、魚介の風味が強めに効いた豚骨醤油。魚介が強すぎるだけですと、単調になりそうなものですが、こちらのスープは、濃厚な豚骨のコクがしっかりと出ているのと、柚子や三つ葉の爽やかな味わいが、ちょうど良い塩梅で調和をもたらしてくれます。

麺は、平打ち気味の中細麺を使用されています。しっかりとしたコシがあり、噛んでいて楽しい麺です。濃厚なスープとの相性も良いものです。

炙りチャーシューは小ぶりなロールタイプのものが一枚一枚丁寧に炙られています。脂分もそこそこ多め、柔らかさもありとてもジューシー。満足度が高いものだと思います。

つるかめさんには、本店以来久しぶりに入りましたが、スープがしっかりとしていて、満足のいく一杯だなと言う印象です。濃厚な豚骨魚介系スープが好みの方にはおススメできるお店だと思います。

魚介醤油らぁめん+炙りチャーシュートッピング
170630-1.JPG

↓チャーシュー
170630-2.JPG

↓麺とスープ
170630-3.JPG

↓瓶ビール
170630-4.JPG

↓お店の外観です。
170630-5.jpg
posted by たぬき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都