2017年08月20日

エールエールギフ@岐阜市羽根町

名鉄岐阜駅の近くにありますビアレストランの「エールエールギフ」さんです。この日は、日曜日の15時くらいの微妙な時間帯に、偶然通りがかったのでお店に入りました。

お店は、名鉄岐阜駅から歩いてすぐのところにあります。お店の外観は、落ち着いた雰囲気でBEERを前面に出されているので分かりやすいと思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。とても落ち着いた雰囲気。この日、時間帯もあるのか、常連客さんがカウンターに数人おられるほかは、他にお客さんは少なかったように思います。

料理メニューは、餃子をはじめとする中華料理系が多いようです。アルコールは、日本のクラフトビールが豊富にそろえられていて、その中に店舗オリジナルのビールも含まれています。ビール以外のアルコールも豊富なようでした。

この日は、店舗オリジナルのワイマーケットブルーイング セッションIPLを14OZで注文。料理は、ひとくち豚餃子480円、ビールソルトチキン&チップス680円を注文しました。

トール系のグラスで登場するセッションIPL。こちらは、ホップの強い個性的な苦み、旨みが活きていて、正直、予想していた以上に美味しいなと言う印象です。ガツンと来るホップの旨み、香り、苦みを堪能できます。

ビールソルトチキン&チップスは、フライドポテトの上に、フライドチキンが乗せられているもの。チキンの揚げたて感はとても良いですが、フライドポテトは、すぐに揚げたて感を失うので、チップス状にする方が良いのかな?と思いました。ただ、チキン自体もジューシーで良かったと思います。

ひとくち豚餃子は、片面がしっかりと焼き揚げられています。パリッとした皮の食感がとても楽しくお酒が進みました。中身もしっかりと詰まっていて、そこそこの満足度があります。

途中、追加で郡上八幡麦酒のこぼこぼビター というのを注文。最初大きめサイズで頼んだのですが、在庫切れで小さめサイズで提供されました。ずっと樽の中に入っていたのかな・・気の抜けた感じのビールでイマイチな印象。それと、これは醸造所のことになりますが、ビターと名乗っている割には、意外と甘い後味が残りました。注文時の予想と異なるビールかなというのが感想です。

この日、日曜日の15時くらいという、繁盛記と異なる時間帯に訪れたのですが、この時間帯ですと、ゆったりとビールの味を楽しめる良い空間だったと思います。もっといろんな料理も試してみたいのですが、また岐阜に来る機会があれば試してみたいなと思います。

↓ワイマーケットブルーイング ・セッションIPL
170820-1.JPG

↓郡上八幡麦酒・こぼこぼビター
170820-2.JPG

↓ビールソルトチキン&チップス
170820-3.JPG

↓ひとくち豚餃子
170820-4.JPG

↓お店の外観です。
170820-5.JPG
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ