2018年02月20日

麺屋 優光@京都市中京区場之町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

烏丸御池近くにありますラーメン店「麺屋 優光」さんです。この日は平日のお昼時、近くを通りがかったときに新しいお店あるな?と気づいて入りました。最近出来たお店のようですね。

お店は、姉小路通沿いにあります。白を基調とした外観は、とてもきれいで最初はラーメン店と分からない感じです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席のみとなっています。新しく清潔感、明るさがある内装は女性でも入りやすいと思います。男性店員さんが調理され、女性店員さんが接客されていましたが、とても丁寧な対応でした。お店の方の趣味なのか、ずっとミスチルのLIVE映像が流れていました。

ラーメンメニューは3種あり、淡竹(貝系あっさり)、真竹(醤油)、黒竹(醤油・濃い)の3種からなっています。それぞれトッピング、麺の量で値段が変わるようになっています。その他、ご飯類、鶏餃子、レア焼豚盛などサイドメニューも存在します。

この日は淡竹800円に限定焼豚(3枚)トッピング+300円をお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン、澄んだ色合いのスープにレア焼豚、限定焼豚、メンマ、ネギがトッピングされています。見た目のきれいなラーメンです。

スープをいただくと、あっさりとした優しい醤油味ですが、貝の旨みがしっかりと出ていて、あっさりながらも旨みたっぷり。コクがしっかりとしているスープです。スープ表面は、意外と脂分が多めですが、それでもあっさりと飲みやすいものです。

麺は、全粒粉入りの中太麺を使用されています。しっかりとコシのある食感で噛むことが楽しくなるような麺です。

焼豚は2種類。デフォルトで入っているのがレア焼豚で、こちらは薄切りで味付も控えめ。脂分が意外とあり、豚肉そのものの美味しさを堪能できます。限定焼豚の方は厚切りで、醤油ダレで味が入っています。脂分は少ないのですが、柔らか味があり食べやすく高レベルな仕上がりとなっています。こちらの限定焼豚は、他の濃いめの醤油スープのラーメンと合わせてみたいと思いました。

こちらのお店、初めて入ったのですが、とても優しく旨みのある上品なラーメンでした。きれいな店内は、女性にも入りやすく、多くの方に支持される人気店となりそうなラーメン店でした。

↓淡竹+限定焼豚トッピング
180220-1.JPG

↓レア焼豚、限定焼豚
180220-2.JPG

↓麺とスープ
180220-3.JPG

↓お店の外観です。
180220-4.JPG
posted by たぬき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都