2018年04月12日

キッパーズケルシュ・京都アバンティ店@京都市南区東九条西山王町

大津、京都にいくつか店舗のあるビアレストランの「キッパーズケルシュ」の京都アバンティ店です。この日は、日曜日の夕刻に訪れました。過去に大津のお店と、こちらは何度か使わせていただいたことがあります。

お店は、アバンティの地下1Fのレストラン街の中にあります。こちらのレストラン街は、京都駅から近いにも関わらず、混雑が少ないのでおススメかなと思います。

店内は、落ち着いた雰囲気のビアパブ。カウンター席、テーブル席が並びます。店員さんは女性が多く、庶民的な接客だと思います。

メニューは、ビアレストランにありそうなフィッシュ&チップスや、チーズ、ウインナー、パスタ、ピッツァなどを中心に多くの料理が存在します。アルコール類も種類が豊富で、ビール、ワイン、カクテル、ハイボールなどを中心にバラエティ豊かです。

また毎日11〜19時は、ハッピーアワーとなっていて、基本的なビール(アサヒ、レーベンブロイ、パスペールエール)、ハイボール、カクテルなどが値引きとなっています。

この日は、ソーセージ盛り合わせ980円、やわらか煮豚480円を注文。ハッピーアワーの時間帯でしたので、最初にパスペールエールを1パイント、続いて、レーベンブロイの1200mlの陶製スペシャルジョッキをお願いしました。

ソーセージ盛り合わせは、ボロニアソーセージとチョリソー、それと太目の本格的なソーセージが盛られています。この中でボロニアソーセージが食感は柔らかめですが、脂身が強すぎず食べやすく好印象。お酒のあてとして、とても良い印象でした。太目のスパイスが効いたソーセージも本格的で、食べ応えがあります。

それと、やわらか煮豚。こちらは予想と異なり、とても本格的なもので、しっかりと醤油ダレが入っていますし、脂身と赤身のバランスも良いものです。こちらもビールがすすむ一品だと思います。

パスペールエール、レーベンブロイともに味はしっかりしていますし、量もたっぷり、ハッピーアワーのため価格も控えめなのでたっぷり飲めるのも良いところです。

こちらのお店は、京都駅近くですが、それほど混雑することもなく、ゆったりとしっかり飲んで、食べてを楽しむことができると思います。新幹線の駅にも近いので、使い勝手の良いお店だと思います。

↓レーベンブロイ(陶製スペシャルジョッキ)、やわらか煮豚、ソーセージ盛り合わせ
180412-1.JPG

↓パスペールエール(1PINT)、突出し
180412-2.JPG
posted by たぬき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ