2018年04月24日

らーめんまがり@京都府木津川市川原田

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川市に昔からある、たこ焼き、お好み焼のお店「きづいち」さんのお店を、文字通り間借りされてお昼のみ営業されているラーメン店「まがり」さんです。きづいちさんの最近通るとラーメン屋さんがオープンされてるなと気になったので、この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は24号線沿い、JR木津駅近くにあります。きづいちさんの赤い看板と、ラーメン写真入りのまがりさんの看板などが分かりやすいです。お店の前に駐車スペースもあります。

店内は、座敷、テーブル席、カウンター席があり、きづいちさんの店舗なので、鉄板が各席にあります。街のイベントなどで出店されている「きづいち」さんのたこ焼きは何度も食べたことがあるのですが、店内に入るのは初めてでした。お店は夫婦で切り盛りされていて、とても元気で丁寧な接客だったと思います。

ラーメンメニューは、貝塩らーめん680円、担々麺810円の二本立て。トッピングなどで値段が変わるようになっています。ご飯、焼きおにぎり、炙りチーズなど単品メニューは少なめです。面白いのは、チャーシューや焼きおにぎりは目の前の鉄板で炙ってくださるところです。

この日は、貝塩らーめん全部のせ(あさり大盛り、炙りチャーシュー入り)910円を注文。

しばらくするとラーメンを持ってこられ、チャーシューは別皿。そのチャーシューを目の前の鉄板において炙ってくださいます。目の前で炙っていただくと、なんだか面白いものですね。

澄んだ色合いの塩スープは表面にわずかに脂分が浮いています。炙りチャーシュー、あさり、わかめ、水菜がトッピングされています。

スープをいただくと、牡蠣、帆立、あさりを使ったというスープは、とてもあっさりしながら貝独特の旨みが出ています。ほんのりと甘さのあるスープは、とても飲みやすいものです。

麺は、細めの縮れ麺を使用されていて、食感がそこそこ強めのものです。ワカメ、水菜などとの絡みも良いものです。

チャーシューは、目の前で炙っていただいたのですが、それほど炙った香りもなく、薄切りで脂分も少な目で、若干安っぽい印象が残りました。あさりもたっぷりですが小ぶりで、食べにくさもある感じがします。あさりはどうしても丸亀製麺さんのあさりうどんのたっぷり感を思い出すので、それと比較しちゃうと見劣りする感じです。

ただ全体的には、とても飲みやすく食べやすい、あっさり系うまみたっぷりの塩ラーメンという印象です。担々麺は逆にこってり濃厚系のようですので、また機会を見て食べてみたいなと思います。

↓貝塩らーめん全部のせ
180424-1.JPG

↓チャーシュー、あさり
180424-2.JPG

↓麺とスープ
180424-3.JPG

↓お店の外観です。
180424-4.JPG

↓メニュー
180424-5.JPG
posted by たぬき at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都