2018年05月23日

中華一級棒@京都府京田辺市田辺中央

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄の新田辺駅すぐにあります中華料理店「中華一級棒」さんです。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、新田辺駅の南側の踏切近くのビルの3階。鉄板焼きの「ぐるま亭」や生パスタで有名な「ピノッキオ」さんと同じビルに入っておられます。

店内に入ると、中華料理屋らしい豪華な雰囲気の内装。テーブル席が並び、それほど広くはないのですが人数は入れそうです。ビルの3階のため、駅南方面を見渡せて、なんとなく景色も明るい感じがします。お店の方は、この日はトレーニング中の男性店員さんがされていて、たどたどしい感じでしたが丁寧に対応くださいました。

メニューは、豊富な中華メニューが存在し、単品だと500〜900円くらいの価格ですが、定食、ランチメニューになるとご飯、デザートなども付いて1000円以下とかなりお得な感じとなります。また周りの方のテーブルを見ると、単品のボリューム感があるので、価格以上にお得な印象がありました。

この日は、麺類の中から台湾チャーシューメン680円を注文。

登場したラーメンは、メニューの写真と少し異なる印象。メニューでは、炙りチャーシューのようなものが乗っていたので期待しましたが、やや薄切りのチャーシューが乗っています。スープの色は澄んでいて、表面にラー油が浮いており、ひき肉、ニラがトッピングされています。ニラの量もメニューより少な目で失敗したかなと思いました。

ただスープを飲むと、非常にあっさりとしていますが、ピリッとした辛さもあり、独特の香辛料のような旨みがあります。意外と美味しいなという印象です。

ひき肉とチャーシューにも、その香辛料のような味が染みわたっていて、しっかりと旨みが活きています。この独特の風味が癖になるような楽しさがありました。

麺は細めのストレート麺を使用されていて無難な印象。チャーシューは、上述した旨みはあるのですが、少し小ぶりかつ薄切りで物足りなさも感じるものでした。ただ680円と言う値段を考えると十分安いのですが。

全体的には、スープの味もしっかりしていましたし、バランスも良く美味しい台湾ラーメンだったと思います。単品のボリューム感もすごいものがありそうでしたので、ガッツリ食べたいときに、再訪したいと思います。

↓台湾チャーシューメン
180523-1.JPG

↓チャーシュー
180523-2.JPG

↓麺とスープ
180523-3.JPG
posted by たぬき at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都