2018年06月20日

ハーベストカフェ@京都市下京区観喜寺町

京都水族館の中にあるハーベストカフェさんです。この日は平日のお昼時に水族館の中の食事で利用しました。

京都水族館の中には3か所カフェがありますが、出口近くになる、こちらのお店は、カウンター席やテーブル席がありますので、ゆったりといただくことができます。また淡水魚の水槽などもありますし、開放感のある明るい店内で居心地はとても良いものです。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、軽食類を中心に、九条ねぎのてっぱいチキンバーガー460円、京ロコモコ丼880円、京漬物ドッグ380円など、京都の食材を使ったメニューが並びます。また、すいぞくパンという、水族館の人気動物(イルカ、ペンギンなど)を形どったパンも一つ330円で売られています。やや高めの価格設定なのは、テーマパーク内のレストランと言うことで、仕方ないところでしょうか。

この日は、九条ねぎのてっぱいチキンバーガー460円、丹後の塩を使ったフライドポテト360円、それと、すいぞくパンの中から、チンアナゴ&ニシキアナゴ330円を注文。

九条ねぎのてっぱいチキンバーガーは、最初見たときは小さくて残念な感じがしたのですが、揚げたてのチキンが食感も良いですし、ジューシーで意外と良い。酢味噌で味付けられた九条ねぎが挟まっていて、独特の風味があります。意外と良い一品だなと思いました。

すいぞくパンは、京都で人気のフルニ京都さんが作られているとのことで期待しましたが、このチンアナゴ&ニシキアナゴは、どちらがチン、ニシキかは分かりませんでしたが、プレーンな味わいのパンとチョコチップで味付けられていて、とてもシンプルなものでした。他にいろいろなパンがありましたので、別のを食べると評価が変わるかなとも思いました。フライドポテトは、ごく普通な印象です。

こちらのお店は、水族館の中でいただけて、店内の雰囲気も水槽展示があったり、雰囲気も明るくとても良かったと思います。休日は混雑すると思いますが、平日ですとゆったりできておススメできるお店だと思います。

↓九条ねぎのてっぱいチキンバーガー
180620-1.JPG

↓丹後の塩を使ったフライドポテト、すいぞくパン(チンアナゴ&ニシキアナゴ)
180620-2.JPG

↓すいぞくパン(チンアナゴ&ニシキアナゴ)
180620-3.JPG

↓メニュー
180620-4.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ