2018年10月04日

京都 龍旗信@京都市中京区蛸薬師通麩屋町東入蛸屋町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の繁華街、蛸薬師通沿いにあるお店「京都 龍旗信」さんです。この日は、土曜日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。

お店は寺町の商店街から蛸薬師を少しだけ西に入ったところにあります。お店の外観は木目調で落ち着いた雰囲気で、白いRAMEN、鶏白湯と書かれた提灯などが目印になると思います。街中のため、店舗駐車場は存在しません。

店内は、入ってすぐのところに食券機があります。細長い造りでカウンター席が中心で、奥にテーブル席もあります。店内も木目を中心としていて落ち着いた雰囲気です。お店は、男女数人で切り盛りされていて、どの店員さんの接客も丁寧で好感が持てるものでした。

メニューは、ラーメンが、鶏たいたん塩、塩、鶏塩ねぎ、つけ麺が、鶏たいたん、塩から選べるようになっています。また夏限定の冷やし塩、塩冷麺、冷やしざるも存在しました。それぞれトッピングで値段が変わるようになっています。他にごはんものなどが存在しました。

この日は、メニューの一番最初に書かれていました、鶏たいたん塩ラーメン850円の豚チャーシュートッピング150円をお願いしました。チャーシューは、鶏肉も選択が可能でした。

しばらくすると登場するラーメンは、白濁したスープ、表面には唐辛子がたっぷりと浮いています。トッピングは、レア気味の豚肩肉と、ややレアな豚バラ肉、メンマ、それと真ん中に揚げ葱のようなものが乗っています。

スープをいただくと、鶏白湯のまろやかな風味が出ています。クリーミーで、粘度も強すぎず、かと言って薄い訳でもなく、塩加減のバランスも良く絶妙の仕上がりです。唐辛子が多くかかっていますが、あくまで後味を引き締める程度で、食べやすい鶏白湯スープだと思います。

麺は低加水の中細のストレート麺を使用されています。やや硬めかなとも思える茹で具合でコリコリとした食感が楽しいものでした。

チャーシューは、二種類。レアチャーシューは、脂身も少なく、柔らかく豚の風味も強く出ています。もう一つの日が入ったバラ肉の方も、ややレア気味。こちらも柔らかくジューシーで良かったと思います。またラーメンの真ん中には、揚げ葱の練り物のようなものが浮いていて、それがスープに旨みを与えていたと思います。

初めていただいた、こちらのお店。まろやかな鶏白湯スープは、バランスがとてもよく、どなたにでも素直におススメできる味わいだったと思います。ラーメンにも一工夫あるお店ですので、他のメニューもいつか楽しんでみたいなと思います。

↓鶏たいたん塩ラーメン+豚チャーシュートッピング
181004-1.JPG

↓チャーシュー
181004-2.JPG

↓麺とスープ
181004-3.JPG

↓お店の外観です。
181004-4.JPG
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都