2018年11月07日

ぎをん為治郎・八条口店@京都市下京区塩小路高倉町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

本家西尾八ッ橋さんが経営しておられます麺料理・甘味のお店「ぎをん為治郎」さんの八条口店です。為治郎さんは京都のお店で一度も入ったことがなく、東京駅で入ったことがありますが、この日久しぶりに夜、京都駅にいたので入ってみました。

お店は、京都駅の八条口アスティロードにあります。京都駅構内側だと入り口に八ッ橋などの販売ブースがあり、奥が飲食店となっています。

とてもこじんまりとしたスペースのお店で、カウンター席とテーブル席が数席あります。お店の方の接客も丁寧でテキパキとしたものでした。

メニューは、鴨なんばうどん、にしんそば、きざみきつね(そば・うどん)、ざるそば、それと中華麺の、あっさり鶏そば、鶏そば(白湯スープ)があります。甘味がいくつかあり、他に季節限定として冷やしきつねうどん、冷やし鴨そば(中華麺)がありました。

この日は、冷やし鴨そばが気になりつつ、東京駅でもいただいた、鶏そば(白湯スープ)980円を注文。

しばらくすると登場する鶏そばは、スープは白濁し、表面には少し脂が浮いています。煮玉子、白髪ネギ、鶏肉3枚がトッピングされたシンプルなものです。また八ッ橋が一つ添えられてきます。

スープをいただくと、甘みを感じるようなまろやかな鶏白湯スープ。わずかな粘性を感じますが柔らかなもので、口当たりの良い比較的クリーミーな味わい。白髪ネギ特有の渋みのような風味がアクセントとなっています。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。しっとり感と心地よい噛み心地が両立したもので、なかなか良い感じの麺だと思います。

鶏肉は、とても柔らかく、厚切りなのに食べやすいものです。白湯のまろやかな味わいとも合っています。また煮玉子も味がしっかりと入っていて高レベルなものでした。

このお店、鶏そばを注文するとお好みに応じてと胡椒をススメられます。少しかけてやると、スープが引き締まる感じがして、入れたほうが好みかなと思いました。

こちらのお店は、少し小腹が空いたときに食べやすく、さらに新幹線、近鉄、JRの改札からも近いので、利用価値の高いお店だと思います。また他のメニューも食べてみたいと思います。

↓鶏そば(白湯スープ)
181107-1.JPG

↓鶏肉
181107-2.JPG

↓麺とスープ
181107-3.JPG

↓八ッ橋
181107-4.JPG

↓メニュー
181107-5.JPG

181107-6.JPG
posted by たぬき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都