2019年02月24日

ふじや食堂@京都市伏見区羽束師古川町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都市伏見区羽束師の運転免許試験場の近くにあります大衆食堂「ふじや食堂」さんです。この日は平日のお昼時前の時間帯に訪れました。早い時間帯に入ったため、私のほかにお客さんは1組だけでした。

お店の外観は、平屋建てで、古びていますがカラフルなテント看板が目印となります。駐車場も店舗周りに完備されています。

店内は、テーブル席が並ぶ大衆食堂となっています。テーブル席には昔ながらのヤカンが置いてあります。お店の方の接客も庶民的なものです。

厨房右手のほうに総菜などを自由にとる所があり、麺類、丼、ご飯類などは別途注文すると作ってくださいます。麺類、丼ものともに400〜700円くらい、お惣菜類なども、一般的な食堂系のお店と比べると価格設定が若干高い感じがします。

この日は、中華そば580円と、鯖の煮つけ350円を取りました。鯖の煮つけは豆腐が付いています。

中華そばを待つ間、鯖の煮つけをいただきます。味付けはやや濃いめで甘辛い味付け。切り身は大きめなので値段はそこそこしますが、十分満足がいく量です。

そして中華そばの登場。やや濁った色合いのスープに豚肉、なると、メンマ、ネギ、もやしがトッピングされています。また、あらかじめ胡椒がふりかけられてます。

スープは、表面に多めに脂が浮いていますが、とてもすっきりとした醤油味です。胡椒がかけられているので、後味も引き締まっています。毎日でも飲みやすいような優しい味わいです。

麺は太めの低加水ストレート麺を使用されています。しっとりとした慣れ親しんだ食感ですが太めなので、もちもちとした感覚もあり、意外と食べ応えがあります。あっさりとしたスープとの馴染みも良いものです。

豚肉はゆで豚タイプのものを使われていて、脂分もそこそこあり、とても柔らかなものです。この肉で肉うどんなども作られるのでしょうが、肉そばみたいなメニューがあれば美味しそうだなと思いました。全体として、なかなか飽きの来ない優しい中華そばだったと思います。

こちらの食堂は、席もゆとりがありますし、ゆったりと食事をいただくことができます。中華そばに関しては、あっさりと毎日でも食べられるような味となっていますし、他にも豊富なメニューがあるので、普段使いに良いお店だと思います。

↓中華そば
190224-1.JPG

↓麺とスープ
190224-2.JPG

↓鯖の煮つけ
190224-3.JPG

↓お店の外観です。
190224-4.JPG

↓内観
190224-5.JPG

↓メニュー
190224-6.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都