2019年04月16日

KYOTO MISO RAMEN KAZU@京都市中京区錦小路通高倉西入西魚屋町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメンのお店「KYOTO MISO RAMEN KAZU」さんです。この日はお店の前を歩いていて偶然見つけたので入ってみました。株式会社ミライダイニングが経営される比較的新しいお店のようです。

お店は、大丸の裏手、STビル1階にあります。少し奥まったところに入り口があり、見た目は小ぎれいな雰囲気です。お店の前にメニュー看板があるので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内も、清潔感があり落ち着いた雰囲気。カウンター席が中心でテーブル席もいくつかあります。若い男性職人さんがラーメンを作られ、女性スタッフ数人が切り盛りされていました。接客も丁寧なものです。

ラーメンは、4種類の味噌スープから選べるようになっています。京都(白味噌、西京味噌)、北海道(北海道の味噌)、名古屋(八丁味噌)、九州(九州味噌、スパイシー)となっています。それぞれ少しずつ値段が異なり、トッピング、サイズで値段が変わります。

単品メニューも味噌ダレ餃子をはじめとして、味噌を使ったものがいくつかあり、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューも存在しました。

この日は、KYOTO(京都)750円のパーコー+200円、半熟玉子+100円トッピングでお願いしました。

しばらくすると登場したラーメンは、白く高めの今風の器に入って提供されます。白濁した味噌スープにレアチャーシュー、パーコー、半熟玉子、水菜、白髪ネギがトッピングされています。

スープは説明には甘口のように書かれていましたが、白味噌、西京味噌の良い意味での癖が出ていて、後味に引くような塩加減が残ります。ベースは甘みを感じるのですが、この癖のある味噌の加減が絶妙でバランスの良い味わいです。

また味噌ラーメンというと濃度も塩加減もこってりしたものをイメージしがちですが、どちらかというとライトな感覚でいただけます。しかしながら白味噌、西京味噌のコクが活きているので弱くない味わい。不思議と癖になりそうです。

麺は、これも味噌ラーメンというと太めの麺が多い中、低加水の細麺ストレートを使用されています。マイルドな味噌スープとも合わさり、上品な仕上がりとなっています。

レアチャーシューは大判のものが一枚。豚肉らしい味わいを楽しむことができます。パーコーは一般的な強い揚げ方ではないのですが、ほんのりと胡椒と、レモンのような酸味で味付けられていて、食べやすい一品でした。脂身もそこそこでジューシーですし、量も多めで満腹感があります。玉子も黄身のとろける感覚が良かったです。

またこの京都の味噌ラーメンは途中でレモンを搾ってくださいと、レモンが付いてきます。レモン果汁を加えてやると、味噌のくどさが減り爽やかな印象のスープへ。これも楽しい変化でした。

初めていただいた、KAZUさんの京都味噌ラーメン。一般的にイメージする味噌ラーメンとは一線を画す、バランスの良い上品な一杯だったと思います。他にも3種類個性的な味噌ラーメンがありますので、また機会があれば使ってみたいなと思います。

↓KYOTO(京都)+パーコー、半熟玉子トッピング
190416-1.JPG

↓チャーシュー、パーコー
190416-2.JPG

↓麺とスープ
190416-3.JPG

↓お店の外観です。
190416-4.JPG
posted by たぬき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都