2019年08月16日

綱取物語@京都市下京区烏丸通り塩小路下る東塩小路町

京都駅のおすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都駅のラーメンテーマパーク「京都拉麺小路」に新しく入られました札幌ラーメンのお店「綱取物語」さんです。この日は、オープン翌日の7/20、土曜日の14時ごろに訪れました。14時台でも待ち客はおられましたが5分ほどで座ることができました。

お店は京都拉麺小路の、もともと札幌ラーメンの「すみれ」さんや「白樺山荘」さんが出されていたところと同じスペースで出店されています。

お店の外に食券機があり、そこで購入するシステムとなっています。店内は、そこそこ人数が入れて、テーブル席が並び、カウンター席も存在します。お店の方の接客は、このようなラーメンテーマパークにしては、とても好印象の気の利いた接客でした。

ラーメンメニューは、にんにく味噌、味噌、辛味噌、塩、冷やし担々麺となっていて、トッピングやサイズで値段が変わります。単品は炙りチャーシュー丼、ミニチャー丼などがあるくらいでシンプルなものでした。

この日はおススメと書かれていた、特製にんにく味噌1170円+チャーシュー1枚増し120円をお願いしました。

しばらく待つと登場するラーメン。濃厚そうなミソスープに炙りチャーシュー、煮玉子、白髪ネギ、ネギ、メンマ、生姜がトッピングされています。

スープは、豚骨、鶏ガラ、野菜、チャーシューなどを使われているそうですが、その旨味がしっかりとしていて、そして味噌は濃いめでまろやか。ラードはそれほど多くなく飲みやすいです。味噌の味が強めなので、使われているにんにくは、それほど感じないのですが、旨味もしっかりしていて高レベルのスープです。唐辛子が少し浮いていて、後味の引き締まりも良いものです。

麺は、中太のちぢれ麺を使用されています。コシがあるというより硬めという札幌ラーメンらしい食感で濃厚な味噌スープの中でも強さを保っています。

チャーシューは炙ったバラ肉を使われています。炙りの入ったジューシーな味わいで厚さもあり、なかなかの食べ応えです。また煮玉子もしっかりとした味が入っていて黄身はとろける食感。好印象でした。強い食感のメンマも特徴的だったと思います。

初めて食べた、こちらのお店ですが、京都拉麺小路の札幌味噌のお店は、毎回レベル高いなぁと。こちらのお店は、インパクトという点では少ないのですが、スープの味がとてもしっかりしていたので、いつ食べても満足度が高そうな一杯だったと思います。

↓特製にんにく味噌+チャーシュー1枚増し
190816-1.JPG

↓チャーシュー
190816-2.JPG

↓麺とスープ
190816-3.JPG
posted by たぬき at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都