2019年12月10日

スシロー・京都伏見店@京都市伏見区中島樋ノ上町

スシローの京都伏見店です。この日は休日の11時ごろに訪れました。一応、アプリで予約していきましたが、予約なしでも、この時間帯であれば、すぐに座れそうでした。

お店は、1号線沿いの北上するレーン沿い、下鳥羽のあたりにあります。お店の外観はスシローの郊外型店舗の基本的な造りで、駐車場も完備されています。

店内は広々としていて、テーブル席とカウンター席もあったと思います。お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文。

〇かに塩ラーメン
この日は、かに祭りフェアをされていたので、その限定品として出されていた商品。

澄んだ色合いのスープに、トッピングとして、ズワイガニ、蟹味噌、もやし、ネギが入っています。

スープの味は優し目の塩味ですが、ふたを開けた瞬間から、蟹の香りが漂い、スープにも蟹の出汁がよく出ています。蟹味噌の旨味も合わさり、素直に満足できます。麺は、スシローさんの平打ちぎみのストレート麺。食感が心地よいものです。

値段が安いので、仕方はないのですがズワイガニはとても小さく、身もそれほど量がないのは仕方ないのかな。もう少し大きいと嬉しかったです。

〇桜肉のロースト、銀だら焦がし醤油、あん肝、真鱈白子
桜肉以外は150円皿です。ただ桜肉は濃厚な旨味としっかりした食感が良く、意外と寿司として行けます。銀だら焦がし醤油は身も大きいし、厚みもあり、さらに食感も良し。これはお得な一品だなというところです。あん肝、真鱈白子は酒と合いそうな一品です。

〇寒ぶり、白とり貝、焼き鯖、大切りびん長まぐろ
この中では、白とり貝が身も大きく食感もコリコリとしていてよかったと思います。寒ぶりは、脂の乗りもそこそこで身も厚切りで楽しむことができました。

スシローさんは、ちょくちょく使いますが、サイドメニュー含め、多くの新しいメニューが追加されるので飽きがこず使えるのが良いところです。また再訪したいと思います。

↓かに塩ラーメン
191210-1.JPG

↓桜肉のロースト、銀だら焦がし醤油、あん肝、真鱈白子
191210-2.JPG

↓寒ぶり、白とり貝、焼き鯖、大切りびん長まぐろ
191210-3.JPG
posted by たぬき at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ