2020年02月04日

CHINESE DESSERT&DINING 802@奈良市西大寺東町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ならファミリーの中にありますCHINESE DESSERT&DINING 802(ハオツー)さんです。まぜそばと、台湾ワッフルがメインの中華ダイニングのようです。この日は、平日の仕事後、17時台に訪れました。

お店は、以前、マクドナルドが営業されていたところに入っておられます。開放感があり、きれいな店舗で老若男女問わず入りやすい雰囲気です。テーブル席、カウンター席があり、席の間も広めにとられています。

お店は、男性の調理スタッフさん数人と女性の接客スタッフさんで切り盛りされていました。女性の方の接客は丁寧だったのですが、調理の方々が店内に響くような大きな声でずっと私語を話しておられ、その印象はイマイチに思いました。

まぜそば目当てで入ったので、まぜそばメニューを見ると、乾シェフ渾身の本格まぜそば(味噌、魚介、油麺)、カレー屋さんのまぜそば、黒胡麻タンタンまぜそば、ミシュランシェフの超極秘タンタンまぜそば、油そばなど。他にもセットメニューもありましたし、ラーメンメニューもありました。中華料理、デザートなども豊富な種類があり、いろいろなお客さんに対応できそうなメニュー構成だったと思います。

この日は、乾シェフ渾身の本格まぜそば899円を注文。注文後に気づいたのですが、麺の量も、最大2玉まで選べたようですし、〆ごはんなども注文できたようです。

しばらくすると登場するまぜそば。見た目が美しいですね。焼きそばのように見える茶色い油麺に白髪ネギ、糸唐辛子、青梗菜がトッピングされています。他に薬味が多数。最初に担々ミート、トマト、玉ねぎを入れて混ぜてください。残りの薬味(ナッツペースト、ラー油、山椒、パクチー、カシューナッツ、白湯スープ)はお好みでと言われます。

言われたとおりに担々ミート、トマト、玉ねぎを入れてよく混ぜていただきます。麺は、中細ストレートで、油が良く絡んでいて、ほんのり魚介の風味がします。味噌も効いているのですが控えめで、比較的マイルドで甘みも感じるような味わいです。

そこにナッツペースト、カシューナッツを加えると、さらにまろやか、そして少し甘ったるいようなぼやけた味になりました。そこで、ラー油を加えましたが、それでもまだ甘ったるいクリーミーな印象。なので、山椒、パクチーと全て入れました。全体的には、ナッツペーストなどが効いたクリーミーな感じが勝っているのですが、どうも特徴がなく良くわからない味わいといったところが感想です。

最終的には白湯スープも投入。白湯スープ自体は、そのまま飲むとあっさりとした風味ですので、特徴の少ないまぜそばに、あっさりしたスープを入れたも、何か大きな変化を感じることはできなかったです。

ラーメン好きの人が求めるような、濃厚とか、コク、辛い!みたいな特徴がつかみづらく、なんだかよくわからない混ぜた麺料理だったかなという印象でした。それと、ずっと続く男性スタッフの私語が気になって仕方なかったのもマイナスポイントでした。

しかし、お店自体は広々と心地よいですし、料理の種類も豊富で、買い物ついでに使いやすい店舗だと思います。中華メニューも豊富ですし、来る機会があれば別の料理を試してみたいなと思います。

↓乾シェフ渾身の本格まぜそば
200204-1.JPG

↓麺のアップ
200204-2.JPG
posted by たぬき at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良