2020年03月04日

シャンティ・押熊店@奈良市中山町

奈良市中山町にありますインド料理のお店「SHANTI(シャンティ)」さんです。過去に何度となく利用しているお店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、押熊町付近の大型量販店などのショップが並ぶ奈良精華線の京都から奈良方面へ南下するレーン沿いにあります。お店の外観は、茶系の色合いの落ち着いたカフェという雰囲気です。お店の裏手に駐車場も完備されています。

店内は、清潔感があり、天井が高く開放感がある造りとなっています。テーブル席が多く並んでいて、そこそこの人数が入れそうです。また女性スタッフの接客も毎回丁寧だなと感心できます。

メニューで、これまでと大きく変わった点が一点あり、これまでナン食べ放題でしたが、食材の価格高騰でやめられました。ただランチメニューにはナン2種類が付いてきて追加も基本150円(チーズナンのみ250円)なので、それほど価格が上昇したようには思えません。

ランチメニューは、シャンティランチ1680円(カリー2種類、タンドリーチキンまたは日替わり炭火焼き、ナン二種類、グリーンサラダ、ターメリックライス、ドリンク)、カリーズランチ1290円(シャンティランチからタンドリーチキンor炭火焼きを抜いたもの)を抜いたものとなっています。ドリンク、ナンは複数の種類から選べ、チーズナンは+100円となります。

この日は、カリーズランチを選択。カリーは、パラクパニール(インド風チーズのほうれん草カリー)、海老とアスパラガスのカリーを選択。ナンは、ゴマとチーズ、ドリンクはラッシーを選びました。また複数で訪れたため、プレーンナン、ガーリックナンもシェアすることに。

しばらくすると登場する、ナン&カリー。セサミナンよりプレーンナンの方がふっくら焼きあがっているのは、ゴマの影響があるのかな?チーズナンは、ナン生地の中にチーズを練りこんだものではなくてプレーンナンの上にとろけるチーズをトッピングしたものとなっています。

海老とアスパラガスのカリーは意外なほどスパイシーで、海老も小ぶりながらもいくつか入っています。パラクパニールは、濃厚なほうれん草の風味が効いていて、そこにチーズが加わるので濃厚でマイルド、ドロドロ感もあり個人的には、とても好みでした。

ナンは、セサミナンが若干ふんわり感が劣るように思いましたが、どれも外パリ、中ふんわりの食感が楽しいもの。サイズは大きすぎず食べやすいものだったと思います。

しばらくぶりに訪れたシャンティさん。ナン食べ放題の終了は残念ではありますが、それでも、そこそこ良いコスパを保っておられると思います。雰囲気も良く、ゆったりとカレーを楽しむのに良いお店だと思います。

↓カリーズランチ(パラクパニール、海老とアスパラガスのカリー)
200304-1.JPG

↓プレーン、セサミナン
200304-2.JPG

↓チーズナン
200304-3.JPG

↓ガーリックナン
200304-4.JPG

↓ランチメニュー
200304-5.JPG

200304-6.JPG
posted by たぬき at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ