2020年03月19日

かつアンドかつ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

ダスキン系列のかつ料理店「かつアンドかつ」の精華町店です。何度となくリピートしているお店です。この日は、土曜日のお昼時12時台に訪れました。待ち客が多くおられ待ち時間が20分ほどありました。

お店は、商業施設のビエラタウンけいはんなの中にあり、独立した建屋で営業されています。複合商業施設のため駐車場は完備されています。

店内は入ってすぐのところが待合スペースとなっています。テーブル席が多く並び清潔感があり落ち着いた雰囲気です。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、カツ料理が中心で、月〜土はお得なランチメニューがある他、季節限定品などがあります。この日は冬のあったかメニューとして、鉄カツ膳にゴルゴンゾーラチーズを使ったものや、産地の異なる牡蠣フライを使ったメニューがありました。

この日は、冬のあったかメニューの中から、瀬戸内膳1650円を注文。内容は、広島県産牡蠣フライ、香川県産寒サワラフライ、広島県産六穀豚ロースかつに、ごはん、味噌汁、キャベツ、漬物が付くものです。ごはん、キャベツはお替り自由です。

最初にキャベツ用のドレッシング2種(和風、ごま)と、かつソース用のゴマが鉢に入れられて提供されるので、料理の提供まで擦って待ちます。

料理には、刻みわさび、オホーツクの塩、レモン、タルタルソースが添えられています。好みに応じて、トンカツにわさび、牡蠣にタルタル、寒サワラに塩、レモンをお使いくださいとのことです。

六穀豚ロースは以前もいただいたことがあるのですが、さすがの脂の乗りとジューシーさ、そしてカツの厚みもあり満足度がすごく高いもの。

牡蠣フライもかなりの大粒で、自家製のタルタルソースも玉子を多く使ったものでなかなかのものでした。寒サワラは、身が引き締まっており、あっさりとした味わい。レモンでも塩でもさっぱりといただくことができる一品でした。

キャベツはいつもながらの素晴らしいシャキシャキ感があり、やはり切り方が良いのかなと思います。ついついおかわりしてしまう美味しさがあります。

久しぶりに訪れた、かつアンドかつさんですが、やはり料理は安定して好感の持てるものを提供くださります。また店内も落ち着いていますので、ゆったりといただくことができるのも、お店が繁盛している理由かなと思いました。また再訪したいと思います。

↓瀬戸内膳
200319-1.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ