2020年04月12日

DETAIL(ディテール)@京都市東山区三条通白川東入ル4丁目中之町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

三条通沿い、岡崎通りとの交差の近くにありますラーメン店「DETAIL(ディテール)」さんです。この日は日曜日の14時前に訪れました。

お店はHOTEL MATERIALの1Fにあります。お店の外観は南国ムード溢れる感じで、ラーメンの旗と提灯がなければラーメン店と気づかないかもしれません。街中のため駐車場は存在しません。

店内は入ってすぐのところに食券機があります。入ってすぐのところはカウンター席、奥の方にテーブル席が並びます。雰囲気はお洒落なカフェという感じです。お店の方は男性店員さんで切り盛りされていて、落ち着いた雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは背脂醤油系のRED、鶏塩白湯のWHITE、それら2つを組み合わせたRED&WHITE(ハーフ&ハーフ)、柚子胡椒ラーメンとなっています。それぞれサイズ、トッピングで値段が変わります。

またこの日は2/16に訪れましたが、翌日以降メニューが変更になる(角煮を使ったラーメンが増える?)ようなこともお店の方が話しておられました。

その他単品メニューも豊富に存在するほか、カフェらしく珈琲も数種類ありました。オーガニックコーヒーはラーメンの注文で半額になるようでした。

この日はRED&WHITE(ハーフ&ハーフ)1200円のチャーシュー4倍盛り+250円、生ビール500円を注文。

最初にビールが提供されます。ビールはキリンでした。提供されるのは良いのですが、基本がカフェスタイルだからなのか・・ラーメンの提供までものすごく待ちました。すっかりビールはすっからかん。

続いてラーメンの登場。左半分が背脂醤油のRED、右半分が鶏塩白湯のWHITEです。どちらもスープにわずかに一味が浮いており、トッピングもチャーシューたっぷり、メンマ、ネギとシンプルなものです。

RED(背脂醤油の方は、鶏ガラベースで動物系のコクは控えめ。比較的あっさりしていますが、後味がピリッと引き締)まる辛味を感じます。後味はすっきりしていて、万人受けする飲みやすい味わいです。麺は低加水の中細ストレート麺で普通くらいの硬さで、京都らしいラーメンで親しみの持てるものです。

WHITE(鶏塩白湯)は、鶏特有のゼラチン質が出た粘度のあるスープ。鶏の旨味が強めに効いていて濃厚でまったりとした甘みを感じます。しかし、こちらも一味があるからか後味は引き締まったピリッとした辛みを感じます。

白湯の方は中太のややちぢれ麺を使用されていて、コシが強めです。粘度のあるスープとの絡みは良いものです。

またチャーシューは、やや厚切りのバラ肉を使用されていて量もたっぷり。ジューシーで食べ応えのあるものでした。

初めていただいたDETAILさんのラーメン。ハーフ&ハーフにも関わらず、二つの味で麺を変えておられ、一工夫感じられる一杯でした。お洒落な雰囲気なので女性にも入りやすく、ゆったりと会話を楽しみながら過ごせるラーメン店だと思います。

↓RED&WHITE(ハーフ&ハーフ)チャーシュー4倍盛り
200412-1.JPG

↓チャーシュー
200412-2.JPG

↓麺とスープ(RED)
200412-3.JPG

↓麺とスープ(WHITE)
200412-4.JPG

↓生ビール
200412-5.JPG

↓お店の外観です。
200412-6.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都