2020年08月15日

田所商店・城陽店@京都府城陽市寺田高田

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味噌ラーメン専門店の「田所商店」の城陽店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。コロナの影響もあるのかお客さんは若干少なめで、カウンター席は座席を開けて座るようにされていました。

お店は旧24号線沿い、スーパー「サンディ」との共用施設となっており、駐車場も完備されています。お店の外観は味噌桶のオブジェがあるので分かりやすいです。

店内は、カウンター席、座敷があり奥の方にテーブル席が並びます。清潔感のある店内です。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、信州味噌(やや濃口)、九州麦味噌(甘口)、北海道味噌(濃口)の3種がメイン。その他に、期間限定品もあります。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。この日の期間限定品は薩摩麦味噌、冷やし担々麺、胡麻味噌冷やし麺でした。

この日は薩摩麦味噌ラーメン900円に味噌漬け炙りチャーシュー2枚トッピング+250円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、白濁した味噌スープに、炙りチャーシュー3枚、煮玉子、肉味噌、もやし、極太メンマ、揚げ葱、紅ショウガ、鰹節がトッピングされています。

スープをいただくと、甘口なのですが、とても酸味を感じる個性的な味噌味。けっこう癖があるなと最初は思いました。しかしながら、具の鰹節、紅ショウガ、揚げ葱、肉味噌などが混ざり合うと、不思議とまろやかで整った味わいになります。味噌のコクがしっかりと堪能できる、バランスの良い味わいだったと思います。

麺は、太めの多加水ちぢれ麺を使用されています。コシの強い食感で、濃厚なスープや具との絡みも良いものです。

炙りチャーシューは、味噌の味がしっかりと入っていて、さらに炙りがあるので食が進むものです。厚切りでボリューム感がありますが、脂身が多すぎず意外と食べやすいのも良いところです。またメンマが本当に極太なものが使用されていて、そちらも個性がありました。

初めていただいた薩摩麦味噌ラーメン。最初は少し癖があるかな?と思いましたが、食べ進めるうちに素直に美味しくいただける一杯だなと思えた完成度の高い味噌スープでした。また機会を見て再訪したいと思います。

↓薩摩麦味噌ラーメン+味噌漬け炙りチャーシュー2枚トッピング
200815-1.JPG

↓チャーシュー
200815-2.JPG

↓麺とスープ
200815-3.JPG
posted by たぬき at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都