2021年01月17日

すき家・9号亀岡篠町店@京都府亀岡市篠町野条上又

牛丼チェーンの「すき家」の9号亀岡篠町店です。この日は日曜日の朝10時前に、お腹が空いており、昼食と兼用で入っていただくことにしました。お店は、9号線沿い、アルプラザの近くにあります。

お店の外観は、すき家の郊外型店舗そのものなので、分かりやすいものです。お店の前の駐車場も、かなりの台数が停められそうでした。

店内は、牛丼店としては広々とした感じです。お店入って左側に持ち帰り専用の食券機があります。店内はカウンター席とテーブル席があり、清潔感があり明るい雰囲気。お店は一人の男性店員で切り盛りされていましたが、とても丁寧な対応でした。

店舗型の牛丼チェーン、なか卯さんは何度か訪れているのですが、すき家はずいぶん久しぶり。なか卯さんのように食券機があると思いこんでウロウロしていると、席で店員さんに注文するシステムだそう。

メニューは、牛丼、海鮮丼、横浜カレー、定食、サイド、スイーツなど意外なほど豊富にあります。まだ9時台でしたので、朝食メニューも選ぶことが可能でした。

この日は、モーニングメニューの中から、中盛モーニング600円を注文。牛丼の中盛、生卵、豚汁という内容です。中盛は、並・大盛の中間ではなく、ごはんは少な目、肉多めというものです。吉野家や松屋でいう、あたま大盛りと同じような感じなのかな?

そして注文後、料理の提供までのスピードがとても早いこと。一瞬で提供される感覚です。

牛丼中盛は、さすがに肉が多いなという見た目。その肉の味わいは、ながく牛丼チェーンの食べ比べなどしていないのですが、こんなに味が濃かったかな?というのが最初の印象。強めの味わいです。肉は柔らかく、味も濃い目なのでご飯ともよく合います。途中、紅ショウガを加えたり、生卵を入れてまろやかにしたり、七味をかけたりと味の変化を楽しめるのも良いところです。

豚汁は、予想外に具沢山で、インスタント的なものだとは思うのですが、これは良いなと。豚、大根、里芋、玉ねぎ、こんにゃく、にんじん、ねぎなどがゴロゴロと入っています。若干脂分が多い感じですが味自体はコクがあるのにすっきりしていて、良かったです。

久しぶりにいただいた、すき家さんの牛丼+豚汁。価格もお手頃でサクッといただけるのもうれしいところ。急いでいるときにも使いやすいお店だと思います。

↓中盛モーニング
210117-1.JPG
posted by たぬき at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月15日

和食さと・木津店@京都府木津川市相楽高下

和食さとの木津店です。この日は、土曜日の開店直後に訪れました。開店直後では、お客さんも少なくスムーズに入店することができました。

お店は、163号線沿い、川ノ尻の交差点の位置にあります。お店は和食さとの郊外型店舗らしい見た目で、1Fが駐車場で2Fに店舗があります。駐車場は完備されています。

店内はゆったりめにテーブル席が配置されています。多くの人数が入れそうです。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは和食を中心に多くのメニューがありますが、この日は、人気の「さとしゃぶ」利用で訪れました。さとしゃぶは、しゃぶしゃぶの肉の種類や、サイドメニューの食べ放題次第で値段が変わるようになっています。価格帯は2000〜3700円くらいです。

この日は、牛&豚食べ放題のプレミアムコース(サイドメニュー食べ放題)2790円でお願いしました。だしは、二種類から選択できましたので、昆布だし、鶏塩だしでお願いしました。

しゃぶしゃぶの肉は、牛カルビ、牛肩ロース、豚肩ロース、豚バラ、鶏もも肉、鶏つくね団子から選ぶことができます。最初は、牛カルビ、牛肩ロース、豚バラ、野菜盛合せが提供され、そのあとは自由に注文できます。

しゃぶしゃぶのお肉、好みだったは、牛カルビと豚バラで、やはり脂が乗っていて柔らかく旨味があるものでした。ただ牛カルビも悪くなくあっさりと食べやすいものだったと思います。なんだかんだと数皿お替りしてしまいました。

単品は、牛ロースステーキ、炙りチーズ寿司三貫(サーモン、海老、ローストビーフ)炙りチーズローストビーフ寿司、焼とり盛合せ(ネギ塩だれ)、たこの天ぷらなどを注文。

炙りチーズ寿司はチーズの乗せ方とかがイマイチで残念だったかな・・ただ炙りの旨味は効いていました。牛ロースステーキは、濃厚な旨味が堪能出来てよい一品でした。焼き鳥盛合せの中では、つくねが一番肉質が良い感じがして好みでした。

最後は〆の雑炊、こちらは鶏塩だしでいただきましたが、しっかりと旨味も感じられて良かったと思います。

しゃぶしゃぶの食べ放題店は多く、きんのぶたさんや、他の店舗も利用したことがあるのですが、和食さとさんは価格も控えめ、そこそこ多くのメニューも楽しめること、それと店内のゆったりとした配置などが良いかなと思います。また機会を見て使いたいなと思います。

↓牛カルビ
210115-1.JPG

↓牛肩ロース
210115-2.JPG

↓豚肩ロース
210115-11.JPG

↓豚バラ
210115-3.JPG

↓野菜盛合せ
210115-5.JPG

↓鍋の様子
210115-6.JPG

↓牛ロースステーキ
210115-7.JPG

↓炙りチーズ寿司三貫(サーモン、海老、ローストビーフ)炙りチーズローストビーフ寿司
210115-8.JPG

↓焼とり盛合せ(ネギ塩だれ)、たこの天ぷら
210115-9.JPG

↓〆の雑炊
210115-10.JPG
posted by たぬき at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月14日

無添くら寿司・木津川店@京都府木津川市州見台

無添くら寿司の木津川店です。この日はテイクアウト目的で日曜日のお昼時に訪れました。新型コロナ感染症が増えている週末でしたが、そこそこお客さんはおられたように思います。テイクアウト寿司の受け取りはスムーズにできました。

お店は、木津川市の新興住宅街の州見台のメイン通り沿い、東向レーン沿いにあります。外観はくら寿司の郊外型店舗という感じで分かりやすく、駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席、テーブル席が並んでおり、多くの方が入れると思います。この日はテイクアウト目的でしたが、接客いただいた店員さんは丁寧な対応で好感が持てました。

この日いただいたものの中で、印象に残ったのは以下のものです。

〇醤油らーめん
レンジで温めるだけの商品。鰹節が付いていて、温めた後に入れることができます。澄んだ色合いの醤油スープに、チャーシュー、煮玉子、ネギとシンプルな構成。

スープは和風な醤油スープで、そこに鰹節を追加するので、魚介の効いた落ち着いた味わいに。寿司との相性も良い味だと思います。

麺は平打ちの中太麺でコシも良く、チャーシューはバラ肉を使用され、柔らかくなかなかのものです。麺の量は少ないのですが、サイドメニューとしては、なかなか悪くないラーメンだと思います。

〇とろこはだ酢〆
こはだが脂が乗っていて、食感も良く新鮮な感じでとても良かったです。光物が好きな方には受ける味わいだと思いました。

〇はまちの胡麻醤油漬け
胡麻の味がかなり強く効いてます。はまちは身も大きく、和風な味に仕上がった楽しい一品です。

〇ぶり生姜醤油漬け
生姜が乗せられていて、その味が強く個性的な一品。ぶりの脂の乗りも良いので、生姜の味が苦手でなければありだと思えるものです。

〇瀬戸内ボラの炙り
炙りの入った香りも感じられる一品です。身も厚切りで良かったですし、そこそこ脂ものっていて食べ応えがありました。

〇もりもりポテト
スシローさんと、くら寿司さんでよくテイクアウトを頼みますが、ポテトに関してはくら寿司さんが良いなといつも思います。揚げたてのサクサク感が強く食が進む一品です。

くら寿司さんはテイクアウトのサイドメニューも充実していて、使い勝手が良いなと思います。また機会を見て使用したいです。

↓醤油らーめん
210114-1.JPG

↓テイクアウト寿司
210114-2.JPG

↓もりもりポテト
210114-3.JPG
posted by たぬき at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月12日

Karash(カラス)@奈良県生駒市鹿畑町

イオンモール登美ヶ丘のレストラン街に入っていますインド・ネパール料理のお店Karash(カラス)さんです。この日は、土曜日の11時ごろに訪れました。

お店は、イオンモール2Fのレストラン街にあります。こじんまりとした店内で、テーブル席がありますが、それほど広い店舗ではなく、入れる人数は限られているかなと思います。清潔感のある店内です。インド・ネパール系の方が調理、接客をされていて素朴な印象でした。

メニューは単品もありましたが、カレー、ナン、サラダなどのセットメニューが700〜1300円くらいでいくつか存在します。

この日は、チーズナンセット950円を注文。内容は、カレーはバターチキンカレー、チーズナン、サラダ、マンゴーゼリーというものです。

しばらくすると料理が提供されます。チーズナンは4枚となっています。

チーズナンは、そこそこふんわり感がありますが、チーズの量が、他のインド料理店と比べると少な目かなと思います。ただ熱々でモチモチ食感もあり食べ応えはあります。

バターチキンカレーは、トマトが使われているのかな?とても酸味が強く、個性的な味わい。そして中にゴロゴロと3つの大きなチキンが入っています。チキンもスパイスが効いていて、柔らかみもあり、なかなかのもの。小さい器の中に3つ入っているのでお得感があります。

サラダは一般的なグリーンサラダ。それとマンゴーゼリーが独特でドロッとしたような食感で、苦手な人はダメかもしれません。個性的な味わいだったと思います。

全体的には、シンプルにまとまったインドカレーのセットメニューという感じで、価格も控えめなので使いやすい印象です。ショッピングのついでにも使いやすい店舗だと思います。また機会があれば再訪したいと思います。

↓チーズナンセット(バターチキンカレー)
210112-1.JPG
posted by たぬき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月10日

無双心・亀岡店@京都府亀岡市古世町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン店「無双心」の亀岡店です。祇園店に訪問したことはあるのですが、亀岡店(本店)は初めての訪問です。この日は平日の17時ごろに訪れました。

お店は、亀岡駅から南方へ1qくらい、国道9号線の古世口の交差点のところにあります。黒を基調としたシックな外観に赤い暖簾が目立ちます。店舗駐車場は存在しないようでした。

店内は入ってすぐのところに券売機があり、最初に購入するシステムです。厨房前と壁側に二列のカウンター席があり、奥の方に座敷があるようでした。男性店員さん一人で切り盛りされており、真面目な雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは、基本の無双心、マー油入りの無双心ブラック、辛味の無双心レッド、タイ風無双、亀岡味噌らーめん、こってりなどがあります。また極つけ麺、亀岡肉太郎、まぜそばも複数種類ありました。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。

その他、ご飯類、唐揚げなどがありました。薬味は山椒、黒七味、胡椒、辛子味噌などがトッピング自由となっています。

この日は、あぶりチャーシュー麺1000円を注文。

しばらくすると登場したラーメン。見るからに粘度の高そうな白濁したスープに炙りチャーシュー、太めのメンマ、ネギがトッピングされています。

スープは鶏豚骨と野菜を用いたスープとのこと。鶏由来のゼラチン質のとろみがあり、ベースには豚のコクも感じますが、野菜が勝っており、ポタージュのようなスープです。脂っこくなく濃厚で粘度もあるのですが飲みやすいスープだと思います。醤油の味も強すぎず優しい味わいです。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感で、粘度の高いスープを絡めて口に運んでくれます。

炙りチャーシューは厚切りのバラ肉を使用されています。醤油ダレの味がしっかりと入って、脂分も多めでジューシー。優しいスープの中で、とても存在感のあるレベルの高いチャーシューでした。また太めのメンマも食感が楽しいものです。

全体的に、こってり系なのに優しい味わいで身体がポカポカと暖まるようなラーメンだと思います。多くのメニューも存在するので、何度でも訪問してみたいなと思えるお店だと思います。

↓あぶりチャーシュー麺
210110-1.JPG

↓チャーシュー
210110-2.JPG

↓麺とスープ
210110-3.JPG

↓お店の外観です。
210110-4.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2021年01月08日

大黒やらーめん・亀岡店@京都府亀岡市篠町篠杢殿林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「大黒やらーめん」の亀岡店です。以前は京田辺にもお店がありましたが閉店されています。今はこちらのお店だけの営業のようです。京田辺店には訪問したことがあるのですが、こちらは初訪問です。この日は平日の17時ごろに訪れました。この時間帯はお客さんが少なかったです。

お店は、9号線沿いの西向きレーン沿いにあります。となりは「たかばしラーメン」さんです。お店の外観は、赤い大黒さんが描かれた看板が目立つので分かりやすいです。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、そこそこ広くカウンター席とテーブル席が並びます。お店は真面目そうな男性職人さんと若い女性スタッフの二人で切り盛りされていました。庶民的ながら真面目な雰囲気の接客でした。

ラーメンメニューは、基本は鶏白湯スープの鶏そば。その他、あっさり醤油、味噌、塩、激辛ハバネロ、担々麺、黒酢あんかけ麺、旨辛スタミナ麺、まぜそば、つけ麺、カレーつけ麺と豊富にあります。

単品メニューも豊富で、飲み屋の一品のようなメニューが多かったように思います。また単品とラーメンを組み合わせた定食メニューも存在しました。ピンク生姜、胡麻は無料サービスとなっています。

この日は、チャーシュー麺880円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。白濁したスープに、チャーシュー、煮玉子、メンマ、糸唐辛子、白髪ネギ、ネギがトッピングされています。

鶏ガラともみじを炊き上げたというスープ。メニューでは濃旨、濃厚という言葉が並んでいますが、こってりという訳でなく、粘度も低めでまろやかで、飲みやすい味わいです。ほんのりとした甘みを感じるような、優しい味わいでベースの鶏の旨味もしっかりしていて、飽きずに飲み続けられそうな仕上がりとなってます。

麺は多加水の中細ストレート麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合で、まったりとしたスープとの相性も良いものです。

チャーシューは、やや厚切りで、赤身、脂身のバランスも良く豚らしい味わいを堪能できるもの。味付けも濃すぎずスープとのバランスも良いです。煮玉子もしっかりと味が入り、黄身のとろける食感もとても良いものでした。

こちらの鶏そばのスープ。今はやりの濃厚系のようなインパクトのある味ではないのですが、鶏の旨味がしっかりとしており、なおかつ優しく飽きない味に仕上がっていると思います。他にも複数のメニューがあるので、再訪するのにも楽しいお店だと思います。

↓チャーシュー麺
210108-1.JPG

↓チャーシュー
210108-2.JPG

↓麺とスープ
210108-3.JPG

↓お店の外観です。
210108-4.JPG
posted by たぬき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2021年01月07日

スエヒロ・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原のレストラン街にあります、トンカツのお店「スエヒロ」さんです。この日は、お弁当の購入のため訪れました。日曜日のお昼時で、待ち時間15分ほどで受け取れたと思います。

お店はレストラン街の一番奥にあります。もともと「とんかつさくら」という同じ系列のトンカツ店でしたが、リニューアルされて「スエヒロ」となりました。

お弁当メニューは、700〜1000円くらいで複数あり、その他、とんかつを含めた揚げ物単品を購入することができます。

この日は、ロースかつ&一口ひれかつ弁当880円、それと唐揚げ5個入り240円を購入しました。ごはんは白米と麦飯から選択できたので白米にしました。

残念だったことは、値段は以前から変わっていないのですが、弁当の容器が若干小さくなって、ごはんの量が減っていること。それとシャキシャキキャベツが以前はこんもりと入れられていたのですが、そのスペースがなくなりゼロに・・・なんおとなく損した気分ですし、880円では割高かな・・と思いました。

とんかつ自体は三元豚を使用されているとのことで、ロースかつはジューシーで、そこそこ厚切り。ヒレカツの方は柔らかく、脂身も控えめで肉の旨味が濃縮されていて食べやすいなという印象です。

ただ、以前と比べて、全体的に内容がさみしくなったお弁当。うーん、これだと他の店舗のテイクアウトや、イオンの総菜売り場で買うかな・・と言ったところかな。また機会を見て、レストラン利用で訪れたいなと思います。

↓ロースかつ&一口ひれかつ弁当
210107-1.JPG

↓唐揚げ5個入り
210107-2.JPG
posted by たぬき at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月03日

ブロンコビリー・奈良押熊店@奈良市押熊町

ステーキ・ハンバーグレストラン「ブロンコ ビリー」の奈良押熊店です。この日は、土曜日の開店直後に訪れました。開店直後では、すぐに着席することができました。

お店は、ならやま大通り沿いの東向レーン沿いにあります。大きなステーキ・ハンバーグの写真が描かれた建屋で分かりやすいです。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、広々としていて、入ってすぐのところにオープンスタイルのキッチンがあり、ステーキ・ハンバーグが焼かれている様子を見ることができます。店内中央部は、サラダ・スープ・ドリンクバーなどのサービススペース。テーブル席が多く並びゆとりのある配置です。お店の方の接客も丁寧なものでした。

また感染症対策のため、サラダバーは一方通行で、マスク、使い捨て手袋の着用が必要となっています。

ランチメニューは、700〜1900円くらいまでの価格のものがあり、ステーキ・ハンバーグと、ライス、サラダバー、スープ付きのものが多くあります(一部はサラダバーが別料金)。

この日は期間限定で大粒牡蠣フライをステーキ・ハンバーグと組み合わせたランチメニューが存在しました。その中から、炭火焼きやわらかランチステーキ&大粒牡蠣フライランチ、価格はサラダバー付きで1500円くらいだったかと思います。ステーキはミディアムでお願いしました。ドリンクバーはクーポンで無料でした。

料理が提供されるまでの間、サラダバーで楽しみます。この日は、北海道フェアをされており、スープカレー風厚揚げ豆腐、味噌ラーメン風のパスタ、北海道産ユリネと牛蒡のサラダなどもあり、充実していました。味噌ラーメン風パスタは、ほんのりとした味噌味にコーン、ナルト、メンマなどを絡めた簡易的なものでしたが雰囲気は出ていました。

ステーキは、大きなブロック状で提供されます。硬いかな?と思いましたがなんのその、柔らかみがあり、しかも噛むとジューシーな肉汁が出てきます。厚切りなのでボリューム感が満点。

牡蠣フライは播磨灘産ということで、大粒でクリーミー。牡蠣独特の苦みが少なく旨味たっぷりのものでした。

またこのお店、何度来ても思うのが、ライスがおいしいこと。ふっくらと炊きあげられたライスは、ステーキなどとの相性が良く食が進みます。

こちらのお店、サラダバーの充実し、雰囲気も明るく居心地がとても良いと思います。料理の味もしっかりとしているので、また機会を見て使用したいです。

↓炭火焼きやわらかランチステーキ&大粒牡蠣フライ
210103-1.JPG

↓ライス、スープバー、サラダバー
210103-2.JPG

↓サラダバー
210103-3.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2021年01月01日

たかばしラーメン・亀岡店@京都府亀岡市篠町篠埜殿林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

たかばしラーメンの亀岡店です。この日は平日の17時ごろ、かなり久しぶりの訪問。「第一旭」から「たかばしラーメン」にネーミングが変わってからは初めてだと思います。平日の17時台はお客さんが少なかったですが、ポツポツと来客があり、人気あるお店だなと思いました。

お店は、9号線沿いのアルプラザの少しだけ東側にあります。お店の外観は、黄色のテント看板に「たかばしラーメン」の表示で分かりやすいもの。お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席、テーブル席などがあり、多くの人が入れます。お店の接客は、まだ早い時間帯だったためか男性職人さん1人と女性スタッフ1人で切り盛りされていました。庶民的ながら居心地の良い接客だったと思います。

ラーメンメニューは、基本の醤油のたかばしラーメン、他に熟成味噌、塩、炎(辛味)、新味(豚骨系)、スタミナ(にんにく+辛味)などがあります。単品メニューも豊富で充実しています。

この日は、たかばしラーメン(並)650円+肉増量170円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、澄んだ濃い色合いの醤油スープ、ネギ、もやしたっぷり、チャーシューたっぷり、メンマ。京都クラシックスタイルの醤油ラーメンの王道ノ見た目です。

スープをいただくと、ベースの動物系のコクがしっかりと効いています。そこに醤油の深い味わいも加わり、濃い目の味わいに思いますが後味はすっきり、深くコクがあるのに飲みやすいスープです。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。茹で具合はやや硬めくらいで、昔ながらの京都の味が好みの方は柔らかめをお願いした方が良いかもしれません。ただ、旨味たっぷりのスープの味を吸い込み、その風味を口に運んでくれます。

チャーシューは赤身、脂身のバランスの良いものが多く入っています。醤油ダレで味付けされているのでスープとの相性も良いものです。もう少したっぷり量だと、さすが京都!という感じのチャーシュー麺でしたが量は、普通な感じにも思いました。

全体的には、スープの迫力、具のバランスも素晴らしく、京都の醤油ラーメンの王道を行くような安心できる味わいだったと思います。また機会を見て訪問したいと思います。

↓たかばしラーメン(並)+肉増量
210101-1.JPG

↓チャーシュー
210101-2.JPG

↓麺とスープ
210101-3.JPG

↓お店の外観です。
210101-4.JPG
posted by たぬき at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都