2021年10月23日

大阪30K秋大会

コロナ禍で2020年の京都マラソン以来、大会出場できていませんでしたが、小規模大会は開催され始めていますので大阪30Kに登録、走ってきました。トレーニング自体は続けてきており、逆に2020時より走力が高いのじゃないかなと感じていたのですが、レース当日は体調が今一つな感じでテンション低めでした。

コースは淀川河川敷、片道2.5qコースを6往復するというもの。ほぼフラットコースです。7時30分受付開始で9時スタート。ランナーチップやゼッケンは送付されていますので、基本的な受付はする必要ないのですgあ、コロナ対策のため、直前2週間の体温や状況を記入したシート(Web登録でも可)を受付し、OKの方は黄色の紙の輪を渡されるので腕に巻いておかないとスタートラインに立つことが出来ません。

また出走者数は少ないのですが、50人ずつ1分ごとにスタートとなっています。これも感染症対策のためです。

この日は、2020年の加古川30Kが4分30秒台後半/kmで走っていたようなので、それより若干早い4分30秒台前半/kmでフル3時間15分以内のペースを保ってみようとスタートに立ちました。

走り始めると身体もそれほど重くなく問題なく4分30秒前後/kmで走ることが出来、調子良い感じ。河川敷なのでやはり風が強く、往路が向かい風、帰路が追い風気味ではありましたが、それでもペースはある程度一定を保つことが出来ました。

それとこのレース、アミノバイタルが協賛していて、レース前にエネルギージェルとアミノ酸パウダーの提供、レース中にもエネルギージェルをいただくことができます。説明では4週目に突入する時点(15km地点)でもらうように言われていたのですが、走っていて勘違いしており4週目終了地点(20q地点)で受け取りいただきました。

ただ、これが失敗だったかな。普段も30qはトレーニングで走っていますがエネルギー切れを感じることがなかったので必要ないと思っていたのですが、飲んだ20分後くらいから横腹が痛く・・・しばらくの間、体勢を変えるなどして、なんとか痛みが治まらないかなと苦しみながら走りました。その間もなんとか4分30秒台をキープ、ただ苦しかった(笑)

ただ5〜10分苦しみましたが、それを乗り越えると痛みも治まり、そのままゴール。目標にしていた4分30秒台前半/kmはキープしてのゴールができました。

今年も他のマラソン大会は開催されるか微妙なところもありますが、良いトレーニングになったなと思います。またこの規模の大会であれば開催される可能性が高いので、またエントリーしてみたいなと思います。

↓参加走・長袖Tシャツ(背面)
211023-1.JPG

↓会場の様子
211023-2.JPG

211023-3.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会