2022年11月22日

ル・タン(Cafe Restaurant Le Temps)@京都市下京区烏丸通塩小路下ル

京都駅直結のホテルグランヴィア京都内のカフェレストラン「ル・タン」さんです。この日は、ランチバイキングの利用で訪れました。

こちらのバイキング、旅行支援事業の開始の時期とも重なったためか予約必須で、日によっては満席のスケジュールも多かったです。この日は11時30分開始で予約しておきましたが、予約で満席でした。

レストランは、ホテルのフロント横にあり、ベーカリーも併設されています。京都駅の烏丸口が見渡せるガラス張りの店内は明るく開放感があります。テーブル席が多く並び満席でしたが、ゆとりある配置でした。お店の方の接客も丁寧でした。

バイキングは11時30分開始になるので、その時間帯は行列になりますが、少し時間を遅らせるとスムーズに取ることが出来ます。バイキングエリアは中央が入り口で、右手が冷製料理、左手が温製料理となっています。

この日は開業25周年記念バイキングとして、一部が特別メニューだったようです。それと新シェフ就任記念としてサービスでシナモン風味のグラノーラコンソメジュレが提供されました。こちら、南瓜のムースが使用され、アールグレイの香りが効いていて、落ち着いた大人の味わいでした。

料理は、まずは名物のローストビーフ。その場で切って提供くださり、厚切りで柔らかな肉質、ソースの味付けも素晴らしいもの。4回ほど取ってしまいました。

その他、肉料理では塩麹で味付けされた豚ロースが、味付けも濃すぎず旨味がしっかりしていて、厚切り、食感も良く食べ応えがありました。豆腐を使ったシュウマイもあっさりとしているのに、旨味がしっかりしていて良かったと思います。

本日のタラティーヌは4種類ほど置いてありましたが、その中でもカレーソースとチーズ、トマトを用いたものが、濃厚なカレーソースのコクがあり、良かったと思います。

豆乳と全粒粉のガレットも温かみ、生地の柔らかさ、全粒粉の香りの良さもあり満足できました。

全体的に、落ち着いた味わいで満足できる料理が多かったと思います。少し混雑していたので、雰囲気が少しざわついたような感じがしましたが、これもコロナが明けてきたからこそでしょうか。またいつか、機会があれば利用したいなと思います。

↓ビュッフェ料理
221122-1.JPG

221122-2.JPG

↓ローストビーフ
221122-3.JPG

↓サラダ
221122-4.JPG

↓豆乳と全粒粉のガレット
221122-5.JPG

↓シナモン風味のグラノーラコンソメジュレ
221122-6.JPG

↓デザート
221122-7.JPG
posted by たぬき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ