2023年11月24日

無添くら寿司・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

回転ずしチェーンの無添くら寿司さんの精華町店です。この日は、日曜日の開店時間11時に訪れました。開店直後はお客さんも少なく、スムーズに入店することが出来ました。

お店は、精華町のアピタタウン前にある食彩プラザというレストランが数軒並ぶエリアにあります。外観はくら寿司の郊外型店舗そのもので分かりやすく、駐車場も完備されています。

店内は、入ってすぐのところが待合スペース。他の店舗同様にカウンター席、テーブル席が多くあります。チェックインから注文を含め、精算時以外は、ほぼ無人で対応できるようになっています。

この日は、以下のものを注文しました。

〇牛さしとろらーめん490円
濁った色合いのスープで登場します。受け取った時から、牛から来る強い香りを感じます。トッピングは牛肉、メンマ、ネギとシンプルなもの。

スープは脂分が多めに浮いているのと、牛由来の臭みも感じるくらいの香り、癖のある味わいが強いもの。一般的な寿司チェーンのラーメンとしては、かなり個性的で好き嫌いが分かれると思います。個人的にはパンチ力があって好みでした。

麺は、中太の平打ち麺を使用されていて、コシもあり食べていて楽しいもの。メンマも太目で存在感がありました。牛肉は、柔らかくさらに脂分もしっかりあって枚数も入っているので満足度が高いと思います。

個人的には、けっこう癖のあるラーメンに思いましたがインパクトも強く、ラーメン専門店にも負けない良い一品だったなと思います。

〇真いわし、あぶり秋刀魚、瀬戸内はもの蒲揚一貫、大盛やりいか下足軍艦
いわしと秋刀魚は見た目では見分けが難しい印象。食べてみると個人的には、いわしの方が脂の乗りも良く良かったかなと思いましたが、秋刀魚も捨てがたい美味しさがありました。はもの蒲揚は甘みもある仕上がりでした。

〇いか天にぎり、ねぎ塩ほたて軍艦、イベリコ豚の大とろ、あぶり焼きはらす
どのネタも大きいなと思います。特にあぶり焼きはらすは脂の乗りも素晴らしくジューシーな旨味を堪能できます。イベリコ豚の大とろも濃いめの味付けで脂分多めの肉を楽しむことが出来ました。いか天は毎回のように大きく安心の食べ応えです。

〇あぶりチーズ豚カルビ
イベリコ豚の大とろが美味しかったので、注文しましたが、肉は別のものを使用されているのかな。ただ、こちらも脂がしっかり入っていて、チーズの味わいも加わり、濃厚で良かったと思います。酒のつまみにいただきたい一品です。

くら寿司さんは、期間限定品も含めて、いろいろとメニューがあるのが楽しいなと思います。少々価格は高くなったと思いますが、また機会を見て訪れたいなと思います。

↓牛さしとろらーめん
231124-1.JPG

↓真いわし、あぶり秋刀魚、瀬戸内はもの蒲揚一貫、大盛やりいか下足軍艦
231124-2.JPG

↓いか天にぎり、ねぎ塩ほたて軍艦、イベリコ豚の大とろ、あぶり焼きはらす
231124-3.JPG

↓あぶりチーズ豚カルビ
231124-4.JPG
posted by たぬき at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ