2014年07月31日

大黒軒@京都府木津川市木津南垣外

木津川市役所の前にある大衆食堂の大黒軒さんです。以前は、仲本食堂さんと二軒連ねて頑張っておられましたが、仲本食堂さんはリストランテ ナカモトとしてスーパーサイヤ人のように大変身。こちらは、のどかにヤムチャと闘っている(初期ドラゴンボール風)感じで営んでおられます。この日は、木津川市役所に用事があったわけでもないのですが、気になっていたので訪問。

お店の外観は、素朴すぎる一軒家です。隣のスーパーサイヤ人に進化したリストランテナカモトさんが、大きく見えすぎちゃいます。以前は、悟空とクリリンのように、ほぼ同じ体制で、大黒軒と仲本食堂さんは、連なっておられました。駐車場はありませんが、木津川市民の方なら、市役所に停めても大丈夫だと思います。そんなゆるい感じ。

店内は、小さいながらもこじんまりとした大衆食堂風で、テーブル席が並びます。テレビもあって見ながら食事を楽しむことができます。接客も庶民的で居心地が良い感じです。

メニューは、定食の一番安いのは450円から。かなりのお得価格。洋食に強くカレー、オムライス、スパゲティ、ハンバーグ、カツ類なども充実。食堂的な丼ぶりなども押さえておられます。気になるのは、このお店としては超高級のビーフステーキ3000円。きっとかめはめ波を超える萬國驚天掌のような衝撃的なものなのでしょう。

この日は、麺好きとしては・・と、にゅう麺定食600円を注文。にゅう麺・・夏に食べるものではないけどなぁとか思いつつです。

しばし待って提供されたもの。驚きのボリューム感。大きめの器のにゅう麺。それだけでなく、小鉢というか、大きめのサイドの皿に、トンカツ、玉子焼き、おにぎり2つ(鮭フレーク乗せ)、きゅうりと蛸の酢の物、漬物が付いてきます。

まずにゅう麺。素朴であっさりとした味わいのおつゆは、和風ですが夏場でも飲みやすいもの。とろろ、ネギ、蒲鉾だけでなく、お肉もトッピングされています。和風であっさりとした味わいにとろろの味わいは効きますね。

小皿のほうは、ジューシーなトンカツも良いのですが、なんといっても、玉子焼きのトロトロととろけるような食感。全体的に薄味、家庭的な味付けです。玉子焼きのレベル高いと、毎日でも食べたくなりそうですね。木津川市役所の職員さんは、うらやましいなと思います。

麺を食べた上で、さらにおにぎり!というのも、かなり豪華です。ボリューム重視の方にも十分耐えうるたっぷり量です。

あっさりとした味でボリュームたっぷり。木津の優しい家庭的な味わいは、一度と言わず、何度でも試してみる価値がある。そんな素晴らしい大衆食堂との出会いでした。できれば、スーパーサイヤ人に変身する前の仲本食堂さんにも訪れてみたかったです。

↓にゅう麺定食
140731-1.JPG

↓おにぎり、玉子焼き、カツなど
140731-2.JPG

↓お店の外観です。
140731-3.JPG

↓メニュー
140731-4.JPG

140731-5.JPG
posted by たぬき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック