2014年10月14日

第一旭・西舞鶴店@京都府舞鶴市竹屋

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭の西舞鶴店です。ここは総本家廣瀬家さんの系列の一つですが、2014年9月に、以前の店舗から移転されて、西舞鶴の中心街の方へ移転されました。第一旭さんの新規店舗は、ずっと無くて・・ 改装は宇治の槙島のお店以来で、期待が高まります。

店舗は、175号線沿いにあります。黒い外壁に黄色い看板で目立ちます。うれしいことに第一旭FCのキャラ「ダイちゃん」も描かれています。そして駐車場が大きくて・・第1、第2駐車場も存在し、それぞれにダイちゃんの看板がかけられています。

店内は、広々としたテーブル席、カウンター席が並びます。けっこうな人数が入れそうです。また混雑時の待合席も用意されています。その待合席の上に、京都の第一旭ではよく見る「京都たかばしに生まれて70余年・・・」の壁書がありました。これは総本家廣瀬家さんでは、珍しいような。

この日は、昼食時だったので、満席で、待ち時間は15分ほどでした。第一旭で待ったのは、私は、本店、亀岡、槙島くらいですので、繁盛してるなと思いました。接客は素朴なものでした。

メニューは、以前と変わらず、醤油のスペシャル、厚切りチャーシュー入りのデラックス、甘辛く煮つけた厚切りチャーシュー入りのターロー、他に、みそ、塩、そして、豚骨系の鉄人です。単品やセットメニューも充実していました。

この日は、スペシャル680円の肉増し+200円を注文。

登場したラーメン、真ん中にこんもりと乗ったネギともやし。スープは、やや濁っていて背脂が浮いています。他のトッピングは、チャーシューが鉢一杯。以前は、赤身肉でしたが、薄切りのバラ肉がトッピングされています。

スープは、かなりきめ細やかに背脂が浮いているのが印象的です。その味は、濁っていることからも分かるように、かなり豚骨のマイルドな旨みが効いていて、しょう油味もマイルドに感じます。第一旭風ですが、どことなく京都の宝屋さんなどを思い出すようなスープだと思いました。

麺は、多加水の中細ストレート麺を使用されています。食感が良いタイプで、京都市内の第一旭とは、少し異なりますが、これはこれで良い感じがしました。

チャーシューは、かなり薄切りですが、柔らかみもあるタイプです。これは麺やスープと絡めていただくのに適していますね。脂身多めで口に入れるとトロけるような食感を楽しめます。

京都市内の第一旭とは、少し異なる味だとは思いますが、やはり総本家廣瀬家さんの味わいは個性的で美味しく感じます。お店も新しくなり、以前よりも味が上品に進化したようで、これからも、京都北部を訪れる際は訪れてみたいなと思います。

↓スペシャル・肉増し
141014-1.JPG

↓チャーシュー
141014-2.JPG

↓麺とスープ
141014-3.JPG

↓お店の外観です。
141014-4.JPG
posted by たぬき at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック