2014年10月25日

東池袋 大勝軒・京都拉麺小路店@京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都駅ビルのラーメンテーマパーク「京都拉麺小路」にある東池袋・大勝軒の店舗です。店名の通り、大勝軒でも、つけ麺の元祖で有名な東池袋系列のお店のようです。

京都拉麺小路ですので、食券制となっています。店内は、カウンター席のみ。この日は、14時くらいの微妙な時間帯。土曜でしたが、店内はガラガラで、すんなりと入ることが出来ました。

不思議と店長さんが、お客さんの誘導をしておられ、調理は、女性の職人さんがされていました。他に男性のアルバイトさん2人、もう一人、男性店員さん?と思える方がおられました。店長さん含め、それぞれの方の接客は、とても教育されていて、良い感じでした。

メニューは、つけ麺880円、濃厚つけ麺980円が中心。他に東京ラーメン780円、味噌ラーメン880円があります。それぞれトッピングやサイズなどで値段が変わるようになっています。単品も焼ギョーザ、水ギョーザなどがありました。

この日は、東京ラーメン(並)肉増し980円を注文。スタンダードの東京ラーメンにチャーシューが2枚トッピングされるとのことです。

登場したラーメンは、醤油スープで、表面がやや油膜が張ったようなのが特徴的。スープ表面につぶつぶの緑の液滴があるのは、何でしょうか?最後までわかりませんでした。チャーシュー1枚は赤身肉、2枚はバラロール肉でトッピング分は、ロール肉だと思われます。他にナルト、ネギ、小さなノリ、メンマがトッピングされています。

スープは、豚骨ベースだと思われる、動物系のコクを感じる醤油味です。また、しっかりと魚介の風味も感じます。いわゆる魚介系の醤油豚骨という味わいでしょうか。まったりとした後を引くような旨みが喉に残るのが印象的です。それと意外と脂分が多くて、そこそここってりとした味わいのように思います。

麺は、中太のややカールしたような麺を使用されています。関西では、あまり見ないような太さで、もっちりとした食感を楽しむことができます。麺の量もラーメンにしては、若干多い目に感じました。

チャーシューは、赤身のほうは強い目の醤油ダレでの味付け。ロールチャーシューは、脂身が多くて、口の中でとろけるような食感です。どちらもなかなかレベルは高いように思いました。

こちらのお店は、つけ麺がメインのようですが、ラーメンもしっかりとしたスープの旨みが出ていて、麺もなかなかのもので、楽しめる味わいでした。意外と濃いめの醤油味で、魚介系のスープ。なかなか関西では馴染みが有りませんが、高レベルのラーメンだと思います。

↓東京ラーメン(並)肉増し
141025-1.JPG

↓チャーシュー
141025-2.JPG

↓麺とスープ
141025-3.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック