2014年11月16日

第二旭@静岡県焼津市上泉

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

静岡県の大井川の港湾道路沿いにあるお店「第二旭」さんです。東京にも同じ屋号のお店があり(現在は閉店済み)、系列が同じなのかはわかりませんが、こちらは名前が示す通り京都の第一旭で修業された方がされているお店とのことです。

店舗は、一軒家を改築したようなお店ですが、黄色い看板で目立ちます。お店の前や横に数台、駐車できるようになっていました。

店内は、カウンター席とテーブル席があり、20人くらいは入れるでしょうか。男性の職人さんと奥さん、もう一人女性店員さんの3人で切り盛りされていて、庶民的な接客でした。

メニューは、第一旭と同じく醤油のラーメン630円がメイン、他にこってり(背脂入り)、ピリカラ、みそ、しおが存在します。単品は、焼飯、ライス、メンマ、キムチ、味玉など。また平日は、ラーメン+焼飯、ミニ丼のセットもあるようでした。

この日は、醤油のチャーシュー840円を注文。

登場したラーメンは、器こそ、少し印象は異なるものの、京都の第一旭系のラーメンそのもの。澄んだ色合いの濃いめの醤油スープにチャーシューたっぷり。メンマとネギがトッピングされています。

スープは、豚のコクの効いた醤油味。豚の迫力がしっかり出ていて、わずかに臭みを感じるのも、第一旭の支店ぽくて、良い感じ。塩加減も若干強めの濃い味わいは、京都の第一旭の、どのお店にも負けていないしっかりとしたものでした。

麺は、中細の低加水ストレート麺を使用されています。食べた瞬間、あ!っと。食感が近藤製麺かも・・と思って聞いてみると、やはり京都から、わざわざ取り寄せられているとのこと。まさか静岡でこの麺と会うことが出来るとは。京都の人にとって慣れ親しんだ、このしっとりとした食感、スープの味をしっかりと吸い込む美味しさはたまらないものです。

チャーシューは、赤身肉を使用されており、硬いのかなと思っていたら、これがまた、よく煮込まれていて、ホロホロと口の中で柔らかく崩れるような食感。これはレベル高いチャーシューだな。味付けは濃すぎず、スープを邪魔しないようになっていました。

まさかのまさかで、大井川で出会った本格的な第一旭の味。正当な味を引き継ぐお店として、頑張ってほしいなと思います。この地を訪れることがあれば、また食べてみたいお店です。

↓醤油チャーシュー
141116-1.JPG

↓チャーシュー
141116-2.JPG

↓麺とスープ
141116-4.JPG

↓お店の外観です。
141116-4.JPG
posted by たぬき at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック